100万円札で両替-大阪吹田で高校生ら逮捕

大阪府吹田市寿町1のタバコ店で11月4日、おもちゃの100万円札を渡し1万円札に見せかけて両替を依頼し、1000円札10枚を受け取ったとして、男子高校生ら2人が詐欺容疑で逮捕されていたことが分かりました。

逮捕されたのは、大阪府内の私立高校に通う1年生の男子生徒で、16歳と15歳の少年2人。
100万円札の画像
男子高校生らは11月4日の午前11時35分ころ、上に掲載している写真のようなおもちゃの100万円札を出し、「両替して」とタバコ店の男性店主(76)に両替をお願いしたといいます。

男性店主は偽物と気づかず、1000円札10枚を渡してしまいました。しかしその後、店主はよく見たら違うことに気づき、警察に通報。

緊急配備中の大阪府警吹田署員が、現場のタバコ店から2.5kmほど離れた路上で、店主から聞いた特徴に似た男子高校生らを発見し、職務質問。すると容疑を認めたことから、詐欺の容疑で逮捕しました。

男子高校生は「『コンビニやったらバレるやろう』ということでタバコ店に行った」「偽札は知人からもらった」などと供述しているということです。

通常であれば、偽札を使用した場合には「偽造通貨行使罪」が適用されますが、吹田署は「あまりにも稚拙で、偽札とは言えない」とし、詐欺容疑で逮捕したと発表しました。

スポンサーリンク

100万円札とは?

事件に使われた100万円札とは、おもしろグッズとして市販されている「百万円札メモ帳」というもの。
百万円札メモ帳
メモ帳は1万円札とほとんど同じ大きさとなっており、「壱万円」「百万円」「日本銀行券」「見本銀行券」と書き換えられていますが、印刷されている福沢諭吉の肖像はそっくりな作りとなっています。もちろん、透かしなどはありません。

しかし、店主の男性は目が悪かったといい、特に疑いもしなければ、パッと見た感じは1万円札と見間違えてもおかしくないような見た目をしています。

スポンサーリンク

店主男性や街の人の反応

被害にあった店主の男性(76)
「1万円分を取られたのは悔しいけどね。やはり(容疑者の少年にも)盗まないかん事情があったのかと思う。そういう世の中だからやっぱり、騙されたほうが悪かったみたいな、逆に。ワッハッハッハ(笑)」

街の人
「不景気の時には、そういうような悪知恵の働くバカがようけおんねん」
「しょうもないな…」
「ハッハッハッハッハ(笑)」

100万円札を見せた時の街の人の反応
「え、全然わかんなーい。え。え。」
「お年寄りは騙されるかも…。騙されるなこれは」
「1万円札見たことなかったんちゃう。欲しいわこれ…。ちょうだい」

スポンサーリンク

大阪府吹田市寿町1の地図


大きな地図で見る

この記事について

2013年11月5日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.