九州~関東の太平洋側で29日夜から暴風雨

気象庁は3月29日、低気圧が急速に発達しながら本州付近を通過するとして、29日夜~30日にかけて九州地方~関東地方の太平洋側を中心に、大気の状態が非常に不安定になると発表しました。

全国的に風が強まり、広い範囲で大雨になるとのことで、河川の増水・土砂災害・落雷・竜巻などに注意が必要です。

特に低い土地では、地下街や住宅への浸水・道路の冠水などに注意してください。

30日午後6時までの24時間雨量は、四国地方・東海地方で180mm、近畿地方で150mm、九州地方北部で130mm、中国地方・北陸地方で100mm程度と予測されています。

気象庁によると「傘が全く役に立たないくらい非常に激しい雨が降る」とのことです。

なお、30日~31日にかけては、東北地方の太平洋側で大荒れとなる模様。

スポンサーリンク

日本気象協会の発表

天気概要

30日は低気圧が急速に発達しながら本州付近を通過するでしょう。関東から西は荒れた天気となりそうです。太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になり、活発な雨雲やカミナリ雲がかかるでしょう。大雨となる所もありそうです。低い土地の浸水や川の増水などに警戒が必要です。全国的に風も強まるでしょう。東北の太平洋側は31日にかけても風の強い状態が続きそうです。

天気予報の画像

出展:日本気象協会 tenki.jp

雨や風のピーク

ピーク予想の画像

画像出典:日曜日にかけて春の嵐 交通機関への影響に注意(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp

スポンサーリンク

地域別の詳細情報

地域別の注意が必要な時間帯と詳細情報
時期 内容
九州地方 3/29夜~3/30昼ころまで。
ところにより非常に強い雨。
中国・四国地方 3/29夜~3/30昼ころまで。
雷を伴う激しい雨の降るところがある。
近畿・東海・北陸地方 3/29夜遅く~3/30夕方ころまで。
ところにより激しい雨が降る見込みで、特に静岡県は要注意。
関東地方 3/30昼ころから終日。
沿岸部を中心に激しい雨で、風も強まる見込み。
東北地方 3/30昼ころ~3/31朝ころまで。
東北北部では3/30夜に次第に雪へ変わるところもある見込み。
スポンサーリンク

この記事について

2014年3月29日

編集部


災害


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    結局たいしたことなかったですね~~~

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.