女性客をタクシー内に監禁し放尿-運転手逮捕

大阪府警門真署は5月7日までに、女性の乗客にトイレを我慢させたあげく車内に閉じ込め失禁させたとして、タクシー運転手の男を暴行と監禁の容疑で逮捕・送検しました。

逮捕されたのは、大阪府四條畷市砂3丁目に住む個人タクシー運転手・西利彦容疑者(41)。

門真署によると、西利彦容疑者は2013年10月29日午後4時ころ、門真市にある運転免許試験場前でタクシーに乗った20代女性に利尿剤を混ぜた菓子(クラッカー)を食べさせ、女性が「トイレに行きたい」と求めたにも関わらず、車から降ろさずに監禁した疑いが持たれています。

さらに西利彦容疑者はトイレを我慢している女性に対し「我慢できないなら車内でしてもいい」などと言って介護用吸水シートを渡し、女性に車内で放尿させました。

西利彦容疑者はフロセミドの錠剤を粉にして、それをクラッカーにまぶして食べさせたとのことで、その後故意に高速道路へ侵入したといいます。

女性が西利彦容疑者に渡されたクラッカーからフロセミドの成分が検出されるとともに、西利彦容疑者の自宅からはフロセミドの錠剤約120錠が見つかったとのこと。

西利彦容疑者は警察の取り調べに対し「女性がトイレを我慢する表情や仕草を見ると、興奮した。40~50件やった」などと供述し、容疑を認めています。

自宅のパソコンからは、同じように女性に対しトイレを我慢させる車内の様子を撮影した動画ファイル50人分以上が見つかったということです。

西利彦容疑者は1998年ころからタクシー運転手になり、2012年3月ころからは個人タクシーとして営業をしていました。

関連する犯罪の法定刑

監禁罪…3月以上7年以下の懲役
暴行罪…2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留もしくは科料

Twitterでの反応

女性をタクシーに乗せた場所(門真運転免許試験場)の地図

この記事について

2014年5月7日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.