神奈川県警の巡査部長を覚せい剤使用で逮捕

神奈川県警の画像覚せい剤を使用したとして5月12日、神奈川県警相模原署地域課の巡査部長が覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕されました。

警視庁に逮捕されたのは、神奈川県横浜市青葉区鴨志田町に住む巡査部長・飯田兼一容疑者(40)。飯田兼一=いいだ けんいち

発表によると飯田兼一容疑者は今年4月下旬~5月12日までの間に、東京都内や神奈川県内などで覚せい剤を使用した疑いが持たれています。

警視庁組織犯罪対策5課によると5月12日午後2時20分ころ、飯田兼一容疑者が東京都新宿区歌舞伎町を1人で歩いているのを発見(一部マスコミでは午後5時20分との情報もあり、真偽は不明)。

パトカーを避けるように早足で歩いたことを不審に思った自動車警ら隊員が職務質問したところ、言動がおかしかったことなどから新宿署に任意同行して尿検査を実施。覚せい剤の反応が出たため、逮捕に至ったということです。

逮捕当日、飯田兼一容疑者は非番で、私服姿でした。

飯田兼一容疑者は2004年2月に県警に採用され、2009年3月に巡査部長へ昇任。警察署の交通課や地域課などに勤務してきて、今年3月から相模原署地域課地域企画係に配属されていました。

警視庁の取り調べに対し飯田兼一容疑者は「身に覚えがない」などと容疑を否認する一方、「自分の尿から覚せい剤の薬物反応が出たのであれば、逮捕されても仕方ない」などとも供述しているとのこと。

しかし飯田兼一容疑者のバッグからは覚せい剤を使用するための器具が見つかっており、常習的に使用していた可能性もあるとみられています。

警視庁は飯田兼一容疑者からさらに事情を聴くとともに、詳しく調べを進めていく方針です。

福岡県では今月、小学校の校長が覚せい剤取締法違反で逮捕されたばかり(大谷小学校の校長先生を覚せい剤所持で逮捕)。

飯田兼一容疑者は歌舞伎町で何をしていた?

飯田兼一容疑者が職務質問を受けた現場は、ラブホテル街の路上。辺り一帯はラブホテルばかりです。

セックスの快楽を増幅させるためのアイテムとしても使われる覚せい剤(通称:キメセク、シャブセックス)。

デリバリーヘルスなどの風俗嬢を呼び、ラブホテルでキメセクをしていた可能性もあるかもしれません。

しかし現時点で、飯田兼一容疑者が現場で何をしていたかは不明です。キャバクラや風俗店、ラブホテルなどが多く立ち並ぶ歌舞伎町。

覚せい剤を使用した状態で歌舞伎町を1人で歩いていたということですから、何かを楽しんでいたことに間違いはないと思われます。

覚せい剤取締法違反の法定刑
覚せい剤の使用…10年以下の懲役

Twitterでの反応

覚せい剤を使用する者を取り締まるべき立場にある警察官という立場でありながら、覚せい剤を使用して逮捕されたということから、Twitterでもこの事件はすぐに話題となりました。

また、よりによって定期的に問題を起こす神奈川県警。さらに「私たちが相模原の治安を守ります!」と豪語している相模原警察署です。世間からの印象は最悪な模様。

また2ちゃんねるでは、「指定暴力団神奈川県警構成員を覚醒剤使用容疑で逮捕」といった皮肉を込めたタイトルでのスレッドも確認されました。

神奈川県警相模原警察署の概要

概要
○警察署名:神奈川県相模原警察署
○所在地 :神奈川県相模原市中央区富士見1丁目1番1号
○電話  :042-754-0110
○交番  :相模原駅前交番 横山交番 星が丘交番
      淵野辺駅北口交番 淵野辺駅南口交番 相生交番
      田名交番 上溝駅前交番 番田交番
○管轄区域:相模原市中央区全域

警察署のはじまり
 わが国で警察制度ができたのは、明治2年に「捕亡」という機関が設けられたのが最初でありましたが、高座郡地方は神奈川県庁の支配下で、警察としての機能は在方取締り、あるいは捕亡掛員等の出張により行われていました。
 地域の発展により警察機構が整備され明治4年12月、神奈川県第1号をもって神奈川県邏卒総長及び検管区長等の官名を創設しました。邏卒の制が布かれ後は村落に区務所詰を設け邏卒を派出し、これを会所詰邏卒と称しました。
 神奈川県は、大区20区、小区182区でありましたが明治6年5月13日、県布達をもって改正し、数ヶ村を何番組と称して神奈川県を20区185組としました。高座郡は南から18・19・20大区の3大区に分かれ相模原地域は大20区で1組は柏ヶ谷・栗原・上今泉からはじまって、上鶴間・下鶴間・淵野辺と北部に組が進み、最後8番組が磯部、新戸村でありました。
 明治8年12月10日、「邏卒」を「巡査」と改称して、警察出張所及び屯所に置かれ、藤澤駅邏卒屯所を藤澤駅巡査屯所と改称しましたが翌年1月屯所を廃止し、神奈川県9号警察出張所と改称しました。

出展:相模原警察署 概要

飯田兼一容疑者が職務質問を受けたラブホテル街の地図

この記事について

2014年5月13日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 元警察関係者

    警察官は仕事上、情報交換などのために暴力団との裏のつながりができてしまいます。
    そのため、警察官で覚醒剤をやっている人は意外と多いんですよね。
    意外に多いと言っても、50人に1人くらいの割合でしょうか?
    マル暴に限定するとなれば、酷い警察署だと3人に1人くらいの割合と言っても良いかもしれませんが。それはさすがに言い過ぎですかね。
    ま、今回の巡査部長は地域課ということで、仕事上の関係で暴力団とつながりがあったとは考えにくいですがね。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.