姫路沖でタンカー聖幸丸が爆発・炎上事故

最終更新■

爆発したタンカーの画像兵庫県姫路市にある姫路港の沖合約3kmの地点で5月29日、タンカー「聖幸丸(998t、全長81m)」が爆発・炎上する事故が起きました。聖幸丸=しょうこうまる

同日午前9時20分ころ、航行中の船から「タンカーが爆発して黒い煙が出ている」などと第5管区海上保安本部に通報があり事故が発覚。

警察や海上保安本部の発表によると、爆発したタンカー・聖幸丸には8人の船員が乗っていて、このうち船長を除く7人に関しては既に救助されているとのことですが、船長・安藤政一さん(64)が行方不明。

なお、救助された7人のうち4人が重軽傷のケガを負っているということです。聖幸丸は広島県にある会社・聖朋海運所属のタンカーで、積荷は積んでいなかったとのこと。

現在も激しく炎上中で、姫路市消防局の消防艇3隻などが消火作業に当たっています。

当時、聖幸丸は現場海域で乗組員がメンテナンス作業をしていたということですが、爆発の原因は不明。

「ドーン!」と大きな爆発音とともに黒煙が上がり、煙は高さ100メートル以上にわたり立ち上っているといいます。さらに船体は左に傾いているようにも見え、転覆の可能性もあるかもしれません。

爆発が起きた現場は、姫路港・飾磨港から沖合に約2km~3kmほど沖合で、家島諸島「鞍掛島」近くの海上。

Twitterでの投稿

姫路港の地図

この記事について

2014年5月29日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.