南相馬市原町区で殺人未遂事件-父親が娘刺す

福島県南相馬市原町区の住宅で6月6日未明、父親が娘を刺す殺人未遂事件が起きました。

発表によると同日午前1時過ぎ、家族から「父親が娘を刺して、父親自身もケガをしている」などと通報があったといいます。

通報を受けて駆け付けた救急により、2人は南相馬市内の病院に運ばれましたが、高校1年生の女子高生の娘(15)は腹部に大ケガを負っており手術、父親(47)も腹部にケガを負っており治療を受けています。

この家族は、南相馬市原町区の民家で両親・子供の4人暮らしでした。

父親は、部屋で眠っていた長女の腹部を、自宅にあった包丁で刺した上で、自分の腹も刺したとのこと。

今のところ事件の経緯については分かっていない部分もあり、警察は父親の回復を待って事情を聴くとともに、殺人未遂容疑で逮捕する方針です。

関連する犯罪の法定刑
殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

Twitterでの反応

事件現場付近(南相馬市)場所の地図

この記事について

2014年6月6日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    俺の住んでる街で、こんな事件が起きるなんて・・・

    • M

      本当に何があったんだろう?
      多分当人でなきゃわからないだろうけど、
      解ったとしても、してはいけないこと、あってはいけないこと。
      考えなきゃいけない!、誰もが今、事の善し悪し、人としてあるべき姿が、どんなものか!?
      成長する段階で、子も親も話し合う事をしていない、理解する方法をしていないんだと、私は思います。

  2. 匿名

    親父の方に色々あるみたいだよ。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.