倉敷市西岡で殺人未遂事件-母親が長女の喉刺す

岡山県倉敷市西岡で6月14日、母親が長女を包丁で刺す殺人未遂事件が起きました。翌15日、母親が自ら警察に通報したことで事件が発覚。

逮捕されたのは、倉敷市西岡に住む無職・山口敬子容疑者(40)です。山口敬子=やまぐち けいこ

発表によると、山口敬子容疑者は自宅の1室で6月14日、小学1年生の長女(6)の喉を包丁で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。

この事件で、長女は気管断裂などの大ケガを負いましたが、命に別状はありません。

山口敬子容疑者は長女を刺してから1日後の6月15日午後0時55分ころ、自ら警察へ「包丁で娘を刺した」などと通報しました。

山口敬子容疑者は長女と2人暮らしをしていたといいます。

警察での取り調べに対し山口敬子容疑者は「包丁で刺したことに間違いはない」などと供述し、容疑を認めています。

なお、児童相談所によると、近所の住民から「親子で引きこもっている」などという通報もあったといい、児童相談所の職員が17回にわたり自宅を訪問していたとのこと。

そのうち5回は面会できたということですが、長女にアザなどはなく、「困っていることはないですか?」と聞いても「ない」と答えたことから、虐待行為は確認できなかったこともあり、それ以上の対応は行わなかったということです。

岡山県警は、犯行に至った動機や事件の経緯など、さらに詳しく調べていく方針です。

事件現場は、JR倉敷駅から北方向に約2kmほどの位置。

殺人未遂罪の法定刑
殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

Twitterでの関連投稿

殺人未遂事件現場付近(倉敷市西岡)場所の地図

この記事について

2014年6月16日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.