立川市錦町で脱法ハーブ事故-運転手死亡

最終更新■

東京都立川市錦町で7月10日、脱法ハーブを吸っていた可能性のある男性が運転する車が、電柱に衝突する事故が起きました。

同日午後3時40分ころ、目撃者から「乗用車が電柱に衝突する事故が起きた」などと通報があったことで事故が発覚。

警視庁の発表によると、電柱に突っ込んだ軽自動車を運転していた男性(30代)が顔を強く打つなどして、死亡したということです。

植物片が見つかったなどという具体的な情報は入っていませんが、警視庁は男性が脱法ハーブを吸っていた可能性があるとみて捜査を進めているとのこと。

軽自動車は大破しており、また電柱には血痕とみられる赤い液体が大量に飛び散っており、衝撃の強さが見てとれます。

この事故で、運転手の男性が死亡したほかにケガ人はいません。ここ最近、脱法ハーブが絡んだ交通事故が相次いで発生しており、社会問題となっています。

事故現場の画像まとめ

事故車両の画像

事故車両の画像

飛び散った血液の画像

Twitterでの関連投稿

事故現場付近(立川市錦町)場所の地図

この記事について

2014年7月10日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.