伊予市下吾川の新川団地で死体遺棄事件-10代女性、殺人事件か

最終更新■

愛媛県伊予市下吾川の市営新川団地から8月15日、若い女性の遺体が見つかる死体遺棄事件が起きました。

14日の夜中に「女性が部屋で暴力を振るわれているようだ」などと110番通報があったことで事件が発覚。

通報を受けて愛媛県警の警察官らが現場に駆けつけたところ、市営新川団地の1室から10代後半とみられる女性の死体が見つかったということです。

死体は押入れの中に入れられ、毛布が掛けられた状態でした。死後それほど時間は経っていないとみられ、外傷の有無などは現在確認中。

警察の発表によると、この部屋には30代の母親と子供4人の合計5人が暮らしているとのことですが、見つかった女性遺体はこの家に住む子供ではないとのこと。

愛媛県警は遺体の身元特定を急ぐとともに、死体遺棄事件として家族らから事情を聴いています。

現場は、伊予鉄道郡中線新川駅から北西方向に約200mほどの位置にある市営団地で、4階建ての建物。死体が見つかったのは、この建物3階の1室です。

死体発見時の状況や、家族と被害者女性の関係など

愛媛県警伊予署の署員らが現場に駆けつけた際、少女の死体が見つかった部屋の室内には、この家に住む無職女性の長男(10代後半)の友人らが数人いたということです。

この部屋には5人家族が住んでいましたが、同じ市営新川団地に住む人などの話によると「1年くらい前から10代の少女が同居するようになった。5人の家族らから暴力を振るわれていたような感じだった」「少女は学校にも行っていないように見えた」とのこと。

また、この家は10代の若い少年らのたまり場になっていたといい、約1ヶ月ほど前からは少女の姿を見かけなくなったといいます。

5人家族の内訳は、無職の母親(36)、10代の長女・長男・次女、4歳の三女。

警察での取り調べに対し母親は「遺体の女性は知っている人だ」などと話していますが、現時点で詳細な関係性は分かっていません。

遺体にはアザなどが確認されており、日常的に虐待行為が行われていた可能性が高いとみられています。

殺人事件あるいは傷害致死事件などの可能性もありますが、今のところ女性が死亡に至った原因は発表されていません。

関連する犯罪の法定刑

死体遺棄罪…3年以下の懲役
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

Twitterでの関連投稿

死体発見現場付近(市営新川団地)場所の地図

この記事について

2014年8月15日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. こじろ

    地図ぐらい鮮明にのせろ!

  2. その事件知ってる

    母親は前、ほか弁で働いてたり
    ラブホの清掃員してて
    殺した動機が被害少女が加害者宅にあった
    下剤を勝手に飲んだから
    母親がブチギレて長女が冷房ガンガンにきかせた部屋で
    正座させて白状させようとして…垂れ流しなったから
    長女がハンマーで顔カチ割って
    怖なった被害少女が犬小屋に避難したことに
    次女がブチ切れて…
    長男らがお腹の上でジャンプして亡くなったんやろ。こわ。
    長女の自主による発覚やのに
    なんでここでは通報になってんの?

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.