函館沖でウシマンボウが定置網に-1トンの巨大マンボウ

最終更新■

巨大マンボウの画像北海道函館市沖で8月14日、全長3.5m超・重さ1トン超の巨大マンボウが捕らえられました。

南かやべ漁業協同組合に所属する漁師が、函館市沖に仕掛けていた定置網を14日午前5時半ころに引き揚げたところ、この巨大マンボウがかかっていたといいます。

大きさや見た目などから、捕らえられたマンボウは「ウシマンボウ」とみられています。

巨大マンボウを引き揚げた漁船には、イカのサンプル採取のために北海道大学の桜井泰憲特任教授(63歳、海洋生態学)が同乗していましたが、この桜井泰憲特任教授も「30年以上にわたり海洋研究を続けているが、3m50cmものマンボウを見たのは初めて」と話しています。

漁船には北海道大学大学院生の松井萌さん(24)も同乗しており、松井さんがこのマンボウを撮影したということです。

マンボウは通常、熱帯・温帯の海に生息していますが、温暖化による水温上昇が影響しているのか、それとも他の要因によるものなのか、今回函館沖の網にかかった理由については分かっていません。

スポンサーリンク

捕獲された巨大マンボウの画像

以下の画像は、大学院生の松井萌さんが撮影したもの。漁師の方と大きさを比較してみても、その大きさが分かります。

巨大マンボウの画像

画像出典:YOMIURI ONLINE

ウシマンボウ

2010年5月に和名をつけられたマンボウ。
これから新種登録されるかはこれからの研究次第。
THEマンボウとの違いは、
 ・舵鰭の後縁が波打たず滑らか
 ・頭部が上下共に大きく膨らむ
 ・背鰭 臀鰭がマンボウに比べ丸く、半円形に近い
ということ。

出典:波左間海中公園 生物図鑑 ウシマンボウ

さらなるウシマンボウに関する詳細はmaobow.nomaki.jp/ushi mola.htmlにて詳しく解説されています。

スポンサーリンク

Twitterでの関連投稿

スポンサーリンク

この記事について

2014年8月15日

ino


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.