広島市で土砂災害相次ぐ-安佐北区や安佐南区で土砂崩れ

最終更新■

被害速報情報 – 随時更新

・死者…50人
・行方不明…38人
【その他特記事項】
救助活動中の消防署員が、崩れてきた土砂に埋まり死亡

広島市、土砂崩れ災害の詳細

広島県広島市で8月19日~20日にかけて、局地的な豪雨により土砂崩れなどの被害が相次ぎ、20人以上が被災しました。

発表によると19日夜から、広島県内は西部を中心に激しい雷を伴う大雨が降ったとのこと。広島市安佐北区付近では20日未明、1時間に120mmを超える猛烈な雨を記録。

広島市消防本部によると、複数ヶ所で土砂崩れや河川の氾濫などの被害が相次いでいるということですが、広島市安佐南区八木3丁目付近では、住宅の裏山が広い範囲で崩れる大規模な土砂崩れが発生。

この土砂崩れに複数の住宅が巻き込まれ、この地区に住む夫婦と孫など合わせて3人と連絡が取れなくなっています。

また広島市安佐南区山本の住宅でも裏山が崩れ、2歳と11歳の男の子2人が一時行方不明となりました。この2人のうち2歳の男の子は救助されたものの心肺停止の状態、11歳の男の子は見つかったもののまだ救助はされていません。

そのほか広島市安佐北区可部東でも住宅の裏山が崩れ、4人と連絡が取れなくなっているといいます。

土砂災害などによる119番通報は相次いでおり、これまでに少なくとも27人が死亡、10人以上が行方不明になっているとみられます。土石流や増水した川に高齢者が流されたとの情報も複数件寄せられています。

政府はこれらの被害を受け、20日午前4時20分、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、被害状況の把握に努めています。

また広島県では、陸上自衛隊への災害派遣要請も行い、行方不明者や生き埋めになっている住民らの救助にあたっています。

なお、午前9時5分時点で、安佐南区の約2,800戸、安佐北区の約1,500戸で停電も起きている模様。JRやバスなどは運転を見合わせているところもあります。

現在確認されているものよりもさらに被害が拡大することも予想され、被害は甚大なものになる可能性も。さらに詳細な情報が入り次第、随時更新していきます。

広島の住宅街で土砂崩れ 4人が生き埋め

2014/8/20 09:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

Twitterで確認できる土砂災害現場の画像

土砂崩れが発生している各地の地図

現時点で確認されている3ヵ所での土砂災害に関する地図。

広島市安佐南区八木3丁目

広島市安佐南区山本

広島市安佐北区可部東

この記事について

2014年8月20日

編集部


災害


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    山本から離れて10数年
    ニュースの断片的な映像ではどこが崩れたのか…

    地図でどのあたりが崩れたか教えて欲しいな

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.