神栖市波崎の波崎海水浴場で大学生4人流され2人行方不明

最終更新■

茨城県神栖市波崎にある海水浴場「波崎海水浴場」の近くで9月3日、海に入って遊んでいた慶応大学の大学生ら4人が沖に流され、うち2人が行方不明になる事故が起きました。

銚子海上保安部の発表によると3日午後3時20分ころ、「神栖市の波崎海水浴場の近くで4人が流された」などと通報があったということです。

その後、4人のうち2人は現場にいたサーファーや茨城県の防災ヘリなどに救助されましたが、残る2人は今も行方が分かっていません。

なお、救助された2人に関しては、命に別状はないということです。

行方不明になっているのは、神奈川県藤沢市に住む慶応大学3年の男子大学生(20)と、東京都府中市に住む慶応大学2年の男子大学生(19)。

2人はサッカーサークルに所属しており、事故当時はサークル仲間らと海岸近くで合宿をしていたといいます。

現在、海上保安部や茨城県警などが、2人の行方を捜索しています。

現場近くにある波崎海水浴場では、8月24日をもって遊泳期間が終了していました。

大学生の水難事故に関するTwitterでの関連投稿

事故現場付近(波崎海水浴場)場所の地図

この記事について

2014年9月3日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.