ズッキーニで食中毒-岡山県の14人が下痢や腹痛

最終更新■

岡山県で、ズッキーニを食べた20代~60代の男女14人が下痢や腹痛の食中毒症状を訴えるなどしており、県が注意を呼びかけています。

備前県民局の発表によると今年7月上旬、岡山県内にある飲食店で会食した会社の同僚15人のうち、「アワビとズッキーニのステーキ」を食べた14人が、夕方から夜にかけて腹痛や下痢の症状を発症したということです。

このうち数人が病院に行くなどしましたが、いずれも命に別状はありません。

15人のうち14人が症状が出ていましたが、残る1人に関してはズッキーニを食べていないこと、およびズッキーニを食べた14人がいずれも一口目で強い苦味を感じていたことから、ズッキーニによる食中毒と断定された模様。

また、該当の料理は適切に加熱処理するなど衛生管理上には問題がなかったこと、同じ産地のズッキーニについて強い苦味があったという苦情が他にも寄せられていることなどから、原因はズッキーニに含まれる苦味成分「ククルビタシン」が原因とみられているようです。

ズッキーニでの食中毒は、全国的にも非常に珍しいとのこと。

備前県民局では、「見た目では異常が判別できないため、料理する前にヘタを少しなめて、明らかな苦味を感じたら食べるのを控えて欲しい」などとしています。

スポンサーリンク

ズッキーニの食中毒に関するTwitter関連投稿

スポンサーリンク

岡山県の地図

スポンサーリンク

この記事について

2014年9月18日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.