真名井の湯大井店の減圧室で男女2人が死亡事故-ふじみ野市

最終更新■

埼玉県ふじみ野市大井2丁目19-1にある温泉施設「天然温泉真名井の湯 大井店」で9月28日、利用客2人が死亡する事故が起きました。真名井の湯 大井店=まないのゆ おおいてん

発表によると28日午後5時半ころ、真名井の湯 大井店の減圧室を利用していた富士見市の男性(65)と女性(58)が、減圧室の中で倒れていたということです。

従業員が2人を発見し、救急に通報。その後、駆けつけた救急により2人は病院へ運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。

警察によると、2人が倒れていた部屋は、気圧を上げたり下げたりする「パスカル健康房」という名前の減圧室。身体の中から改善する設備ということで、真名井の湯大井店には約5年前から設置されているといいます。

この減圧室では、高度3500mと同程度まで減圧され、約45分後に減圧が解消されるとともにドアが自動的に開く構造。

しかし45分を過ぎても出てこなかったことから、不審に思った従業員が室内を確認したところ、2人が倒れていたということです。その際、ドアは閉まったままの状態で、また減圧状態が解消されていませんでした。

事故当時、減圧室を利用していたのは死亡した2人だけだったとのこと。

埼玉県警東入間署は司法解剖して2人の死因の特定を急ぐとともに、店側から事情を聴くなど、事故の原因について慎重に捜査を進めています。

真名井の湯大井店は、しばらくのあいだ営業を見合わせるとしています。

入浴施設の減圧室で客の男女2人が死亡 埼玉・ふじみ野市

2014/9/29 05:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

「減圧状態」解消されず? 温泉施設で男女2人死亡

2014/9/29 11:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

温泉施設内の「減圧室」で男女2人死亡

2014/9/29 06:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

減圧室での死亡事故に関するTwitter関連投稿

死亡事故現場(ふじみ野市大井2丁目19-1)場所の地図

真名井の湯 大井店の建物外観(ストリートビュー)

この記事について

2014年9月29日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.