北海道南幌町西町で強盗殺人事件-親子の女性2人死亡

最終更新■

【速報】
孫娘の女子高生(17)を殺人容疑で逮捕
詳細:北海道南幌町の殺人事件で孫娘の女子高生を逮捕-母親と祖母を殺害

北海道南幌町西町の住宅で10月1日、親子とみられる女性2人が死亡しているのが見つかりました。強盗殺人事件の可能性も。

発表によると1日午前2時半ころ、南幌町西町2丁目にある住宅で、この家に住む住民の親子・佐竹須三代さん(71)と佐竹和美さん(47)が、血を流して倒れているのが見つかったということです。

帰宅してきた長女(23)が発見したといい、その後すぐに110番通報。連絡を受けて北海道警の警察官らが現場にかけつけたところ、その場で女性2人の死亡が確認されました。

いずれも死体には傷があり、また室内には荒らされたような形跡も残っていたことから、何者かが女性2人を殺害後、金品を盗んで逃走した疑いがあります。

この住宅には死亡した佐竹須三代さんと佐竹和美さんのほか、孫娘2人(23歳の長女、17歳の次女)の計4人が暮らしていました。

北海道警栗山署は現場の状況などから、強盗殺人事件の可能性を視野に、現場検証をするなど詳しく調べを進めていく方針です。

事件が起きた現場は、札幌市から約25kmほどの距離にある南幌町中心部。周辺には農地があり、夜間は人通りが少ないような地域です。

関連する犯罪の法定刑
強盗殺人罪…死刑または無期懲役

強盗殺人事件か?現場の状況

警察によると、第一発見者は佐竹和美さんの長女(23)で、薬局での勤務を終えて帰宅したところでした。その際、玄関には鍵がかかっていたものの、勝手口には鍵がかかっていなかったということです。

死亡していた2人には何者かに傷つけられたとみられる外傷があり、また室内には荒らされたような形跡もありました。2人は、それぞれ1階と2階の別々の場所で発見されたとのこと。

なお、住宅には女性のもう1人の娘である高校2年生の次女(17)もいましたが、同じ敷地内の別棟で寝ていたといい、無事でした。

何者かが金品を盗む目的で侵入後に殺害したのか、もしくは殺害目的で侵入・殺害し、その後に金品を盗むことを思いついて室内を荒らしたのかは不明。物盗りの犯行に見せるための偽造工作の可能性もあります。

いずれにしても、警察の捜査により早い段階で事件性の有無は判別されるものと思われます。

次女が9月30日の夕方に帰宅した時には死亡した2人が無事だったことが確認されているため、30日夜~1日未明の間に殺害されたとみられています。

早くて本日、遅くとも明日2日には詳細が分かり、事件性がある場合には捜査本部が設置されることになると思われます。

強盗殺人罪は一般に起こる事件の中では最も重たい犯罪のうちの1つで、さらに今回の事件では被害者(死者)が2人いることから、逮捕・起訴されれば死刑になる可能性も高い重罪です。一刻も早い犯人逮捕が望まれます。

この強盗殺人事件とみられる事件に関する詳細な情報が入り次第、随時更新していきます。

南幌町での強盗殺人事件に関するTwitter関連投稿

強盗殺人事件現場付近(南幌町西町2丁目)場所の地図

この記事について

2014年10月1日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.