山下舞子容疑者を逮捕-赤ちゃんポスト死体遺棄事件の母親

最終更新■

10月3日夜、熊本市西区島崎の慈恵病院に設置されている赤ちゃんポストに生後間もない男児の遺体が入れられた死体遺棄事件で、31歳の母親が逮捕されました。

死体遺棄容疑で逮捕されたのは、熊本県山鹿市中に住む無職・山下舞子容疑者(31)です。山下舞子=やました まいこ

山下舞子容疑者は10月3日午後8時半ころ、慈恵病院の赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」に男児の遺体を遺棄した疑いが持たれています。

赤ちゃんの遺体が見つかった時には、既に死後数時間~数日が経っていました。

警察での取り調べに対して山下舞子容疑者は「数日前に、自宅で1人で出産した赤ちゃんが死亡していた。可哀想だったので、自分の車で赤ちゃんポストに運んだ。死んだままの赤ちゃんをずっと家に置いておくわけにはいかなかった」などと供述しており、容疑を認めています。

警察によると、病院からの通報を受けて捜査を進めていた結果、近くを走っていた車の目撃情報などから山下舞子容疑者の犯行である可能性が強まったとのこと。

そして、山下舞子容疑者に事情を聴いたところ容疑を認めたため、逮捕に至りました。

山下舞子容疑者は、自宅で両親と小学生の息子との4人暮らしをしていましたが、両親は妊娠も出産も知らなかったといいます。

警察は、事件に至った経緯や犯行動機などについて、さらに詳しく捜査を進めていく方針。

「赤ちゃんポスト」遺体遺棄事件 母親とみられる女を逮捕

2014/10/4 13:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

赤ちゃんポストに男児遺体 母親とみられる女逮捕

2014/10/4 14:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

「赤ちゃんポスト」に男児の遺体、遺棄容疑で無職の女逮捕

2014/10/4 12:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

山下舞子容疑者逮捕に関するTwitterでの関連投稿

山下舞子容疑者の自宅付近(山鹿市中)場所の地図

法定刑

死体遺棄罪の法定刑
死体遺棄罪…3年以下の懲役

関連する犯罪の法定刑

殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
保護責任者遺棄致死罪…保護責任者遺棄罪と傷害致死罪とを比較し、重い刑により処断する

保護責任者遺棄罪…3月以上5年以下の懲役
傷害致死罪…3年以上の有期懲役

死体遺棄現場(慈恵病院)場所の地図

こうのとりのゆりかご建物外観(ストリートビュー)

この記事について

2014年10月4日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.