JR東海道線の由比-興津で土砂崩れ、運転見合わせ 復旧メド立たず

最終更新■

静岡県静岡市清水区興津東町のJR東海道線由比駅-興津駅間で10月6日、線路沿いの斜面の土砂崩れが発生し、線路が埋まる災害が起きました。

発表によると10月6日午前9時ころ、現場の由比駅-興津駅間で、落石を検知する装置が作動したということです。

この検知を受けて、JR東海 静岡支社の職員が現場に駆けつけたところ、線路北側の山肌で大規模な土砂崩れが起きていたとのこと。

この日、東海線では台風18号の影響を受け、現場区間は始発から運転を見合わせており、土砂崩れによる電車との接触やケガ人等はありませんでした。

土砂は、斜面の木とともに幅約40m・高さ約100mにわたって大規模に崩れており、線路の上り線・下り線ともに覆っている状態。

フェンスを倒すとともに、コンクリートの壁を突き破って崩れており、また電線や電柱を倒すほどで、非常に威力の強い土砂崩れでした。

この災害を受けて、現在JR東海道線は静岡県内で不通となっています。

既に台風18号は過ぎ去っていますが、崩れた土砂の量が非常に多いため、現時点で復旧のメドは立っていません。数日間のあいだ、運転見合わせの状態が続くものと思われます。

静岡市清水区では、6日午前9時半までの24時間雨量が398.5mmと、観測史上最大の記録となっていました。

なお、線路沿いを走る国道1号線も、土砂崩れが発生している現場付近は通行止めになっています。

スポンサーリンク

【台風18号】JR東海道線に土砂流入 各地でがけ崩れ

2014/10/6 15:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

東海道線で大規模な土砂崩れ、線路に流入

2014/5/17 15:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

スポンサーリンク

東海道線の土砂崩れ現場の画像など(Twitter)

スポンサーリンク

土砂崩れ現場付近(由比駅-興津駅)場所の地図

この記事について

2014年10月6日

編集部


災害


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.