指宿市西方で小型機が墜落事故、台風19号の影響か-操縦士が負傷

最終更新■

墜落した飛行機の画像鹿児島県指宿市西方で10月12日、小型飛行機が墜落する事故が起きました。

鹿児島県警察本部などの発表によると10月12日午後2時半ころ、外国人男性1人の乗った小型飛行機が、指宿市西方の竹林に墜落したということです。

通報を受けて警察官らが現場に駆けつけたところ、畑に小型機が突っ込んでいたとのこと。その後、男性はすぐに病院へ運ばれました。

消防などによると、男性は頭から出血するなどケガを負っていますが、意識はあり、命に別状はないものとみられます。男性は現在、指宿市内の病院で治療中。

現時点で、小型機が墜落するに至った原因は分かっていません。

現在、台風19号は鹿児島県の南西の海上にあり、北東に向かって進行中。墜落現場の指宿市は鹿児島県の南端付近に位置しており、強風域となっています。

この台風の強い風の影響により墜落した可能性も。

小型機の墜落事故に関するTwitter関連投稿

墜落事故現場付近(指宿市西方)場所の地図

この記事について

2014年10月12日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 前原五男

    今日、現場に行ったら機体が撤去されていました。いつかご存知でしたら教えてください。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.