調布飛行場で小型飛行機が胴体着陸-無事成功、3人の乗員にケガなし

最終更新■

東京都調布市西町290-3にある調布飛行場で10月12日、小型飛行機が胴体着陸する騒動が起きました。

東京都港湾局の発表によると10月12日午後4時40分ころ、50代~70代の男性ら3人の乗った自家用機が、機器トラブルにより調布飛行場で胴体着陸したということです。

滑走路上の安全を確認した上で行い、無事に着陸に成功。3人の乗員らにもケガはありませんでした。

トラブルについては「車輪が出なくなった」ということですが、なぜそのようなトラブルが起きたのか現時点で詳細原因は不明。

この小型飛行機は、12日午後2時40分ころに、秋田県の秋田空港を出発して飛行していたとのこと。

胴体着陸後、午後9時ころには機体が撤去されました。

今月は、つい先週の10月8日にも、千葉県の成田空港で胴体着陸騒ぎがありました。このトラブルでは、最終的に無事車輪が出て通常着陸しています。

スポンサーリンク

小型飛行機の胴体着陸に関するTwitterでの反応

スポンサーリンク

胴体着陸が行われた現場(調布飛行場)場所の地図

スポンサーリンク

この記事について

2014年10月13日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.