JKコミュ「ぴゅあど~る 高田馬場JKコミュ」を摘発-女子高生が接客

最終更新■

井土敬典の画像18歳未満の女子高生らに個室で接客をさせる、通称「JKコミュ」が警視庁に初めて摘発されました。

警視庁少年育成課の発表によると、「JKコミュニティー(JKコミュ)」と呼ばれる店舗の経営者と店長の男ら2人を、労働基準法違反(危険有害業務への就業)容疑で逮捕したということです。

逮捕されたのは新宿区高野馬場4丁目にあるJKコミュ「ぴゅあど~る 高田馬場JKコミュ」の経営者で、新宿区高田馬場に住む井土敬典容疑者(33)と、同店の元店長で新宿区高田馬場に住む関口拓人容疑者(25)です。

2人は去年11月から、女子高生らと会話することが出来る「ぴゅあど~る 高田馬場JKコミュ」という店舗を経営。

高校1年生~高校3年生の女子高生(16歳~18歳)ら約30人を雇っていたといいます。

警察での取り調べに対して両容疑者は容疑を認めた上で、「秋葉原は取り締まりが厳しいことから、摘発されないように高田馬場に店を開いた」「違法と知って経営していた」などと供述しています。

個室で女子高生の匂い嗅がせた疑い、経営者ら逮捕

2014/10/16 14:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

JKコミュ、驚愕のサービス内容

このJKコミュでは、わずか1畳ほどの個室で従業員の女子高生と客の男性を2人きりにさせ、30分4千円以上で会話をさせるなどしていました。

また、千円~5千円でオプションがあり、体操服や水着を着せて会話することが出来たほか、握手やビンタ、さらには全身のにおいをかがせるなどのサービスをさせていたとのこと。

中には、女子高生の胸を触ったり、自らの陰部を見せつけたりする男性客などもいたといいます。

しかし、これに対して店長の関口拓人容疑者は「我慢したほうが客が付く」などと指導していたということです。

個室であるため、実際に室内でどのような行為が行われていたか、実態は不明。

今回摘発されたJKコミュは、JR高田馬場駅のすぐ近くにあるマンションの1室で経営されていました。

インターネットでは、「秋葉原は警察の規制が厳しいですが、高田馬場なので安心して仕事ができます」などといった広告で女子高生を集めていた模様。

JKコミュ摘発に関するTwitterでの反応

事件現場(新宿区高田馬場4丁目9-11)場所の地図

ぴゅあど~る 高田馬場JKコミュが入ったビルのストリートビュー

この記事について

2014年10月16日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    JCあり?w

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.