秋田県男鹿市の本山で女子中学生に落石が直撃する事故-男鹿南中学校

最終更新■

秋田県男鹿市の本山山頂付近で10月24日、学校行事で登山に訪れていた男鹿南中学校1年生の女子中学生に、落石が直撃する事故が起きました。

24日午後0時10分ころ、「男鹿市の本山で、中学校の女子生徒の頭に落石が当たった」などと引率の教員から119番通報があったことで事故が発覚。

その後、通報を受けて県の防災ヘリが出動、女子中学生を救助した上で秋田市内にある病院へ搬送しましたが、意識がもうろうとしており重体です。

発表によると、落石は人の頭の倍くらいの大きさがあり、女子中学生の頭を直撃。その衝撃で、女子中学生は約5m下に滑落したといいます。

この事故で女子中学生は、頭蓋骨を骨折するとともに、頭や顔などから血が流れている状態。意識がもうろうとしているものの、呼びかけには応じるということです。

落石があった現場は、男鹿市の本山山頂付近で、急な斜面が続く場所。男鹿南中学校1年生の生徒ら40人がこの登山行事に参加していましたが、他にケガ人はいない模様。

男鹿市での落石事故に関するTwitter関連投稿

事故現場付近(男鹿市・本山)場所の地図

この記事について

2014年10月24日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.