アンタレスが爆発・炎上-NASA無人ロケットの墜落事故

最終更新■

アメリカ南部・バージニア州で10月28日午後6時22分(日本時間・29日午前7時22分)ころ、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶためのロケット「アンタレス」が、打ち上げに失敗して爆発する事故が起きました。

発表によると、打ち上げに失敗したアンタレスはアメリカの民間宇宙企業「オービタル・サイエンシズ」のロケットで、無人の宇宙輸送船「シグナス」を搭載。

アンタレスはバージニア州ワロップス島にあるNASA(米航空宇宙局)の施設から打ち上げられ、約6秒後に墜落、爆発炎上しました。地上では大規模な火災へと発展しており、消火活動が行われています。

現時点で、アンタレスが爆発した事故原因はわかっていません。

なお、墜落したアンタレスは無人ロケットで、発射現場の近くにいた職員ら全員とも連絡が取れたといい、この爆発事故による死傷者はいませんでした。

シグナスは2011年に引退したスペースシャトルに代わる補給船のうちの1つで、アンタレスとともにオービタル・サイエンシズ社が開発・製造を担当しています。

シグナスの打ち上げは今回が4度目で、昨年の9月、今年の1月と7月の3度の打ち上げはいずれも成功していました。今回は食料や実験材料など、日本の千葉工業大学が開発に参加した流星観測カメラ「メテオ」を含む約2tの物資が積み込まれていたということです。

オービタル・サイエンシズ社はこの事故を受け、「速やかに徹底的な調査を実施する」との声明を出しています。

カウントダウンからアンタレスが爆発するまでを撮影した動画

NASA無人ロケットが爆発、けが人なし

2014/10/29 10:30頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

NASAの無人ロケットが打ち上げ直後に爆発し炎上

2014/10/29 09:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

アンタレス爆発に関するTwitterでの反応

ロケット爆発事故現場(バージニア州ワロップス島)場所の地図

この記事について

2014年10月29日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.