那珂川町富山の山中に小型犬の死骸20匹が遺棄される事件

最終更新■

栃木県那珂川町富山で11月5日、小型犬20匹以上の死骸が捨てられているのが見つかりました。

発表によると11月5日午前10時半ころ、県動物愛護指導センターの職員が那珂川町富山の山中で野犬の捕獲をしていたところ、大量の犬の死骸が捨てられているのを見つけたということです。

野犬の捕獲は、近隣住民から「野犬がうるさい」などという連絡が寄せられていたことから行っていた模様。

見つかった死骸は、チワワ・ダックスフント・トイプードルなど、ペット用として室内で飼われることの多い小型犬ばかり。目立った外傷はありませんが、腐敗が進んでいるものもあったといいます。

10月31日には、西方向に約15kmほど離れた宇都宮市芦沼町の鬼怒川河川敷で、約40匹の小型犬の死骸が見つかっています。

栃木県警那珂川署は何者かが不法投棄したと見て、廃棄物処理法違反の容疑で捜査を進めるとともに、鬼怒川河川敷の事件との関連についても調べています。

現場は、JR烏山駅から北東方向に約7kmほどの地点の山中。

林道に犬20匹の死骸、何者かが捨てたか

2014/11/5 18:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

那珂川町での小型犬遺棄事件に対するTwitterでの反応

犬の死骸遺棄事件現場付近(那珂川町富山)場所の地図

10月31日に見つかった鬼怒川河川公園の地図

この記事について

2014年11月5日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.