東京駅・八重洲中央口で路上強盗事件-催涙スプレーに羽交い締め

最終更新■

東京都千代田区丸の内1丁目にある東京駅前の路上で11月14日、催涙スプレーが使われる強盗傷害事件が起きました。

発表によると11月14日午前6時50分ころ、東京駅・八重洲中央口前の路上で、40代の男性会社員2人が背後から突然羽交い締めにされたということです。

犯人は2人組で、男性のスーツケースを強奪しようとしましたが、男性が抵抗したため催涙スプレーのようなものを顔面に吹付け、何も奪うことなく逃走しました。

この事件で、男性2人のうち1人が催涙スプレーにより目を痛めるなどし、もう1人についても喉の痛みを訴えるなど、それぞれ軽傷を負ったとのこと。

逃げた男らの特徴は、いずれも年齢30歳くらい・身長約170cm・黒っぽい服装だったということです。

警視庁丸の内署は強盗傷害事件として、周辺に設置された防犯カメラの映像解析を行うなど、逃げた犯人の行方を追っています。

東京駅八重洲口前で2人が羽交い締めにされスプレーかけられる

2014/11/14 15:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

JR東京駅近くで路上強盗、スプレー吹きつけ逃走

2014/11/14 13:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

法定刑

関連する犯罪の法定刑
強盗傷害罪…無期または6年以上の懲役

催涙スプレー路上強盗事件…Twitter関連投稿

強盗傷害事件現場付近(東京駅・八重洲中央口)場所の地図

この記事について

2014年11月14日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.