浜屋敷和美容疑者を放火の疑いで逮捕…鹿児島市谷山中央の火事

最終更新■

鹿児島県鹿児島市谷山中央4丁目154-3にあるアパート「中央ハイツ」で12月15日に発生した火事について、住人の女が放火容疑で逮捕されました。

現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、現場アパートの出火元の部屋に住む洋服販売店員・浜屋敷和美容疑者(36)です。浜屋敷和美=はまやしき かずみ

発表によると浜屋敷和美容疑者は12月15日午前1時ころ、中央ハイツ1階の自宅で火の不始末により出火させ、容易に消火できるものであったにも関わらず消火活動をしなかった疑いが持たれています。

これにより中央ハイツのほか、隣接する住宅1棟が全焼し、計4人の死者が出ました。

警察は出火原因である”火の不始末”について詳細を明らかにしていませんが、浜屋敷和美容疑者は出火時、自宅居間にあるコタツに座ってしばらくボーッと火を眺めていたといいます。

浜屋敷和美容疑者は母親と娘2人の計4人暮らしで、警察での取り調べに対して「こたつに座って、ぼーっと火を見ていた」「就寝中だった娘2人が煙に気付いて声をかけてきて、我に返った」「消せば良かったと後悔している」などと話しています。

浜屋敷和美容疑者と娘2人は逃げて無事でしたが、浜屋敷和美容疑者の母親と、上の階の部屋に住む女性(46)とその長女(20)と次女(15)の計4人が亡くなったとみられています。

浜屋敷和美容疑者を逮捕「不作為の放火」

鹿児島南署は浜屋敷和美容疑者の逮捕について、火を消そうとしなかったことが「不作為の放火」にあたると判断し、逮捕に至ったということです。

現住建造物等放火罪は、意図的に火を放つような行為だけでなく、過失や事故などによって発生した火を、消せるにも関わらず消さずに放置した場合(不作為)にも成立します。

今回、浜屋敷和美容疑者の行為はこれにあたると判断された模様。

ただし今回の事件において、浜屋敷和美容疑者が火を消さなかった理由などについては、今のところ分かっていません。

鹿児島県警鹿児島南署は、浜屋敷和美容疑者がなぜ火を消さなかったのか、犯行動機などについて詳しく捜査を進めていく方針です。

関連法定刑

法定刑では殺人罪と同等の罪。

関連する犯罪の法定刑
現住建造物等放火罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

鹿児島市4人死亡火事 故意に消火しなかった放火容疑で女逮捕

2014/12/16 13:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

36歳女を放火の疑いで逮捕 焼け跡から4人の遺体

2014/12/16 13:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

4人死亡火災で女逮捕、火の不始末放置の疑い

2014/12/16 14:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

浜屋敷和美容疑者を放火容疑で逮捕…Twitterでの反応

放火事件現場(鹿児島市谷山中央4丁目)場所の地図

中央ハイツの建物外観(ストリートビュー)

この記事について

2014年12月16日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.