老人介護施設でスポーツドリンクと漂白剤を間違え事故-府中市押立町

最終更新■

東京都府中市押立町の老人介護施設で12月25日、スポーツドリンクと間違えて漂白剤を飲んでしまった男女5人が、体調不良を訴える事故が起きました。

発表によると12月25日午前11時過ぎ、府中市押立町1丁目9-1にある老人介護施設・ふれあいの里から、「利用者が消毒液を飲んだ」と119番通報があったということです。

通報を受けて救急隊が現場に駆けつけたところ、同施設を利用している男女5人(74歳~99歳)が体調不良を訴えており、まもなく病院に運ばれました。いずれも症状は軽く、命に別状はありません。

警視庁によると、飲料用の容器に入れられていた漂白剤入りの水を、ふれあいの里の職員が誤ってコップに注ぎ、施設利用者らに飲ませたということです。

容器にはスポーツドリンクが入っているはずでしたが、事故当時、容器を消毒するため別の職員が一時的に漂白剤を入れていたとのこと。

警視庁は職員らから話を聴くなどして、事故が起きた原因について調べています。

スポンサーリンク

介護施設でスポーツドリンクと間違え漂白剤を提供

2014/12/25 16:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑
業務上過失致傷罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

スポンサーリンク

スポーツドリンクと漂白剤間違え体調不良…Twitterでの反応

スポンサーリンク

事故現場(府中市押立町1丁目)場所の地図

ふれあいの里付近のストリートビュー

この記事について

2014年12月25日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.