タクシー協同組合に600回の無言電話で大学院生の鈴木征容疑者を逮捕

最終更新■

鈴木征の画像東京都内のタクシー協同組合に無言電話をかけたとして、大学院生の男が逮捕されました。

偽計業務妨害の容疑で逮捕されたのは、大学院生・鈴木征容疑者(32)。鈴木征=すずき せい

発表によると鈴木征容疑者は2014年12月、タクシー協同組合の事務所に、8日間で約600回の無言電話をかけて業務を妨害した疑いが持たれています。

鈴木征容疑者は2013年、タクシーに乗車した際ドアに足を挟まれ、タクシー協同組合に苦情を入れていたということです。

警察での取り調べに対して鈴木征容疑者は「寒くなってきて足が痛み出したので、嫌がらせの無言電話をかけた」などと供述し、容疑を認めています。

関連する犯罪の法定刑
偽計業務妨害罪…3年以下の懲役または50万円以下の罰金

スポンサーリンク

無言電話で大学院生を逮捕…Twitterでの反応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事について

2015年1月9日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.