フランスのパリ郊外コロンブで立てこもり事件-武装男が人質とる

最終更新■

【速報】
犯人が投降。人質は全員無事。

フランスのパリ郊外・北西部に位置するコロンブの郵便局で1月16日、人質をとった立てこもり事件が起きました。

現地メディアによると、犯人の男は銃で武装しており、2~3人を人質にして立てこもっているということです。

立てこもり現場の郵便局周辺は警察によって包囲されており、上空はヘリコプターが飛び交うなど、騒然としている模様。

事件が発生したのは、日本時間の午後9時前ころ。

現地警察関係者によると、犯人の男は「最近、恋愛で落胆した」というような内容のことを話しているということです。意味不明なことを話しているとの情報も。

今のところ連続テロ事件との関連はないとみられていますが、男の目的など詳細なことは分かっていません。

一部では、強盗事件を起こそうとしたが、何らかの理由によりそのまま籠城しているとの情報もあります。

なお、現時点で負傷者がいるのかいないのかなども不明。このフランス・パリで発生した武装男による立てこもり事件に関して、詳細な情報が入り次第、随時更新していきます。

パリでまた立てこもり事件…Twitterでの反応

立てこもり事件現場付近(フランスのパリ・コロンブ)場所の地図

この記事について

2015年1月16日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.