高槻市紺屋町で女子高生スプレー吹き付け傷害事件-高槻センター街

最終更新■

大阪府高槻市紺屋町の高槻センター街で1月19日、女子高生らが自転車に乗った男にスプレーを吹きつけられる傷害事件が起きました。

発表によると1月19日午前8時10分ころ、高校3年の女子高生2人(18)が高槻市内にある高校へ登校していたところ、自転車に乗った男が突然スプレーで液体を噴射してきたということです。

女子高生は顔面付近に液体をかけられたといい、目の痛みや手の痛みなどを訴えていますが、いずれも比較的軽症とみられています。

現場では女子高生の悲鳴が響き渡るなど、一時騒然としました。

逃げた男の特徴は、身長約170cm~180cm・小太り・クリーム色のコート・ニット帽を着用・自転車で逃走中だということです。

吹き付けられたものは催涙スプレーの可能性もありますが、まだ詳しいことは分かっていません。

大阪府警高槻署は傷害事件として、女子高生から当時の状況などについて詳しく話を聴くなど、男の行方を追っています。

このスプレー吹き付け事件が起きた現場は、JR東海道線高槻駅から南東方向に約250mほどの位置にある商店街「高槻センター街」の一角。

関連する犯罪の法定刑
傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金

高槻センター街で女子高生スプレー吹き付け事件…Twitterでの反応

傷害事件現場付近(高槻市紺屋町)場所の地図

この記事について

2015年1月19日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    警察に聞かれて写真見たけどクリーム色のコートじゃなかったしニット帽もかぶってなかった

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.