中尾愛子容疑者、紀の川市で子供に火つける虐待事件-ライターで尻に

最終更新■

小学生の男子児童にライターの火を押し付ける虐待を加えたとして、和歌山県警は1月29日、32歳の母親を逮捕しました。

傷害容疑で逮捕されたのは、和歌山県紀の川市に住むパート従業員・中尾愛子容疑者(32)です。中尾愛子=なかお あいこ

発表によると中尾愛子容疑者は2013年10月上旬ころ、自宅で小学生の男児(9)のに、ライターの火を押し付けた疑いが持たれています。

今年になって1月8日、男児が医療機関を受診しましたが、そこで虐待が発覚したということです。

中尾愛子容疑者の虐待により、男児はヤケドを負いました。

なお、日常的に虐待が行われていたかどうかは不明。和歌山県警岩出署は、事件に至った経緯や犯行動機などについて、さらに詳しく捜査を進めています。

関連する犯罪の法定刑
傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金

子供の尻にライターで火つけた中尾愛子容疑者に対するTwitterでの反応

虐待事件現場付近(和歌山県紀の川市)場所の地図

この記事について

2015年1月29日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. らくら

    こんな事件ありえないですよね?   何もしていない子を虐待するなんて最低ですよね?火をつけて火傷負わせて。もし自分にされたらどぉーなんですなんですかね?

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.