八百長疑惑のアギーレ監督、解任を発表-日本サッカー協会

最終更新■

日本サッカー協会が2月3日午後5時から開いた会見で、サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)の解任が発表されました。

アギーレ監督は2011年5月、スペイン1部リーグ・サラゴサ監督時代の1部残留をかけたレバンテ戦で、八百長に関わったのではないかとされる疑惑が浮上。

この騒動を受けて大変な騒動となっていましたが、2月2日、バレンシア裁判所が告発状を受理したことを確認したということです。

これを受けて日本サッカー協会は、アギーレ監督を解任することを決断したとのこと。

あくまでもアギーレ監督が八百長に関わったことが解任理由ではなく、告発されたことにより取り調べなどに応じる必要性が生じるため、サッカー日本代表の今後の活動に大きな影響が及ぶことが理由とされています。

なお、この八百長疑惑に関してはアギーレ監督を含め、スタッフや当時の選手ら40人以上が告訴されている模様。

今月25日以降、事情聴取が開始されるということです。新監督が誰になるのかは不明。

スポンサーリンク

アギーレ監督を解任…Twitterでの反応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事について

2015年2月3日

編集部


芸能・スポーツ


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. サッカーファン

    アギーレ監督が解任されたのはアジア杯の成績が悪かったから。
    成績が良かった解任なんてされてないよ。こう言ったらあれだけど、八百長なんてデフォだから。相撲と一緒だよ。

  2. もにゅ

    八百長に関わっているのは明らかだったのにむしろ今まで解任されなかったのが逆に不思議です。色々と残念です。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.