伊藤博重容疑者を逮捕-GK探偵事務所の元代表 渋谷立てこもり事件

最終更新■

伊藤博重の画像東京都渋谷区神南1丁目のマンションで2月7日、拳銃のようなものを持った男が自室に閉じこもっていた立てこもり事件で、40代の男が逮捕されました。

公務執行妨害の容疑で逮捕されたのは、東京都港区南麻布4丁目に住所を置く職業不詳・伊藤博重容疑者(47)です。伊藤博重=いとう ひろしげ

発表によると伊藤博重容疑者は2月7日午後0時50分ころ、渋谷区神南1丁目のマンション「プレミアムキューブG渋谷神南」で、14階のベランダから捜査員に向かって金属製のバケツなどを投げつけた疑いが持たれています。

周辺には規制線が張られて約8時間にわたり制限されるとともに、現場マンションの住人ら25世帯が避難するなど大変な騒ぎとなりましたが、同日午後9時前ころに警視庁捜査1課の特殊部隊(SIT)がベランダから突入、伊藤博重容疑者の身柄を確保しました。

なお、現場からはモデルガン4丁が押収されたということですが、本物の拳銃などは見つかっていません。周囲を威嚇する際に使っていた以下の銃は、モデルガンだったとみられています。

拳銃を持ち立てこもっていた伊藤博重の画像

画像出典:ANNニュース

警察での取り調べに対して伊藤博重容疑者は「覚えていない」などと供述し、容疑を否認。

立てこもっている最中、および身柄を確保されてからも非常に興奮した様子で、奇声などもあげていたということですが、危険ドラッグなど何らかの薬物を摂取していたかどうかについては分かっていません。

警視庁は事件に至った経緯や犯行動機などについて、さらに詳しく捜査を進めています。

事件が起きた現場は渋谷駅から北方向に約700mほど、渋谷区役所からは東方向に約250mほどの位置。通称「ファイヤー通り」と言われる通り近くのマンションです。

伊藤博重容疑者が立てこもり事件を起こすまでの経緯

警察によると2月7日午前11時ころ、伊藤博重容疑者が立てこもったマンションの隣にあるビルで、「知人(伊藤博重容疑者)がナタを持って錯乱状態になっている」との110番通報があったということです。

通報者によると、一緒にいたところ伊藤博重容疑者が突然「敵が攻めてくる!」と訳の分からないことを言い出した模様。

現場はビル4階にある探偵事務所「GK探偵事務所」で、伊藤博重容疑者はこの探偵事務所の元代表でした。

通報を受けて警視庁の警察官らが現場に駆けつけたところ、既に伊藤博重容疑者の姿はなく、ナタのような大型ナイフのみが残されていました。

そして同日午後、GK探偵事務所が入るビルの隣のマンション14階で、伊藤博重容疑者による立てこもり事件が発生。

終始非常に興奮しており、モデルガンを使って機敏な動きで地上にいる人を威嚇したり、外に向かってゴルフバッグやプリンターを投げ飛ばすなどしました。

なお、伊藤博重容疑者は猟銃の免許を持っていたということですが、2011年に何らかの原因で取り消しになっているとのこと。

知人は伊藤博重容疑者について「トラブルを抱えており、最近は様子がおかしかった」などと説明。現時点で、トラブルの詳細については発表されていません。

伊藤博重容疑者のFacebookを見た限りでは精神的な異常さはみられず、事件に至った詳しい経緯などについては現時点で不明です。

事件の第一報:渋谷区神南で拳銃男が立てこもり事件-朝はナタ持ち錯乱状態に | ニュース速報Japan

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑
公務執行妨害罪…3年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金

東京・渋谷区マンション立てこもり 探偵事務所元代表の男逮捕

2015/2/8 01:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

特殊部隊突入し男を逮捕 東京・渋谷区立てこもり

2015/2/8 01:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

渋谷で男が立てこもり、特殊部隊突入し逮捕

2015/2/8 00:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

渋谷立てこもり事件で伊藤博重容疑者を逮捕…Twitterでの反応

GK探偵事務所の地図

この記事について

2015年2月8日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.