箕面市箕面公園でテーブルに頭蓋骨-明治の森箕面国定公園 箕面大滝

最終更新■

大阪府箕面市にある明治の森箕面国定公園で2月19日、テーブルの上に頭蓋骨が置かれているのが見つかりました。

発表によると2月19日午後11時半ころ、運動のため箕面公園を訪れていた専門学校生(19)ら4人のグループが、頭蓋骨とみられるものがテーブルの上に置かれているのを発見したということです。

専門学校生が「テーブルの上に頭蓋骨がある」と近くの交番に届け出たことで事件が発覚。

頭蓋骨は、箕面公園の休憩用テーブルの上に置かれていました。下顎部分はなく、色も変色していることなどから、古いものとみられています。なお、大きさから子供のものではないとみられていますが、性別は不明とのこと。

近くに落ちていた頭蓋骨を、誰かが拾って置いた可能性もあるとみられていますが、誰が何の目的でテーブル上に頭蓋骨を置いたのかは不明。

大阪府警箕面署は頭蓋骨を回収し、鑑定して身元の特定を急ぐとともに、頭蓋骨がテーブルの上に置かれた経緯について詳しく捜査を進めています。

事件現場は、観光名所「箕面大滝」の近く。

関連する犯罪の法定刑

死体遺棄罪…3年以下の懲役
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

箕面市箕面公園のテーブル上に頭蓋骨…Twitterでの反応

頭蓋骨が見つかった事件現場(明治の森箕面国定公園)場所の地図

この記事について

2015年2月20日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.