エイプリルフールはユーモアの感謝祭-暗黙のルールと注意点

最終更新■

世界に嘘があふれる日、エイプリルフール
この1日だけ嘘が許される日は、人々に愛されるイベントとして盛り上がりを見せています。

その定着ぶりは個人のみならず、企業も毎年趣向を凝らしたジョークを仕掛けて楽しんでいるようです。

ただし、エイプリルフールには暗黙のルールが存在するとのこと。

・不幸を与える嘘は厳禁
・物を壊してはいけない
・「冗談なんでしょ?」と聞かれた時は素直にネタばらし

ジョークにルールが存在するなんて、意外にも面倒にも感じられますが、要は嘘をつく人、つかれる人の両方が楽しめる事が望ましいということですね。

過激で面白いジョークを思いついちゃった人は、ユーモアが際立つアフターフォローも用意しましょう。

また

・嘘をついていいのは午前中のみ
・午後にちゃんとネタばらしをすること

これらはイギリスやアイルランド周辺のローカルルールで、日本は適用外です。海外の友人をお持ちの方は確認をしておいたほうが良いかもしれません。

そしてジンクスが一つ。

・この日についた嘘は、その1年実現することはない

なんと。
展望や希望に満ちたネタは4月2日以降まで保留する必要がありそうです。

「冗談だよ!」の一言で笑い合うことができる相手の存在に、改めて感謝をする日になりそうですね。

スポンサーリンク

エイプリルフールに関するTwitter関連投稿

エイプリルフールということで、企業や芸能人を含め多くのユーザーがTwitterで賑わっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事について

2015年4月1日

編集部


おもしろ


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.