地震に備える!防災意識を高め災害に備えよう-リストや対策

最終更新■

2015年4月10日に茨城県鉾田市の海岸で150頭以上ものイルカが打ち上げられたことや、東日本大震災を始めとした過去の災害や大事件を予言してきたとされるゲリー・ボーネル氏が「2015年4月中旬ころに東海大地震が発生する」と予言していることなどから、国民のあいだで地震に対する意識が非常に高まっています。

その他にも今月に入って、地震雲の目撃情報、大地震の前兆の1つとも言われているメガマウスの水揚げ、和歌山県にて大きなホオジロザメが定置網にかかったなどなど、色々なことが重なり4月中旬の大地震説が爆発的に広まっている状況です。

イルカに関しては、東日本大震災の1週間前に、同じ地域(鉾田市海岸から約15kmの地点)で同じ種類のイルカが約50頭ほど座礁しているのが確認されています。またニュージーランドの地震の前にも似たようなことがあったとされています。

イルカの座礁やゲリーボーネル氏の過去の予言などを偶然と捉えるか、信ぴょう性の高いものとして捉えるか、それは自由に受け止めて問題ないのではないかと思います。

現在インターネット上では「4月12日に大地震が発生する」として大変な話題となっていますが、本当に発生するかもしれませんし、発生しないかもしれません。

ただ本日4月12日に地震が発生せず、その後も5月・6月と全く音沙汰が無かったとしても、いつ大きな地震が発生するかは分かりません。数年後・数十年後という長いスパンで考えた場合、いつか必ず大地震は発生します。

「備えあれば憂いなし。」

今回のイルカ座礁やゲリーボーネル氏の予言などを1つの「きっかけ」として、改めて地震に対する備えをしておくことは、とても大切なことです。

官公庁のWebサイトなどを参考に、地震に対する備えに関して情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

もくじ

初動対応

まずは、地震が発生した際の初動対応に関する備えです。

東日本大震災では津波により甚大な被害を受けましたが、阪神淡路大震災では火災による被害が甚大なものとなりました。

そのため、地震により発生するかもしれない「火事への対応」が重要です。

火事に対する備え

・風呂の水の汲み置き

・住宅用火災報知機の設置

・消火器を設置し、使い方を理解しておく

・普段使っていない電化製品の差込プラグをコンセントから抜いておく

・感震ブレーカーや感震コンセントの設置

非常用品の備え

次は、非常用品の備えです。
避難に必要なものや飲食料などの準備はもちろん、地震により電気ガス水道といったインフラ設備が全く使えなくなる可能性がありますので、そういったものに対する備えも必要となります。

以下、東京消防庁のWebサイト(http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/bou_topic/jisin/sonae10.htm)を参考。

非常持出品

飲料水・携帯ラジオ・衣類・履物・食料品・マッチやライター・貴重品・懐中電灯・救急セット・筆記用具・雨具(防寒)・チリ紙

出典:東京消防庁

※その他、各自の健康状態などに合わせて生活に欠かせない用品があったら、それも一緒にしておきましょう。

非常備蓄品

地震後の生活を支えるもの、一人3日分程度(食料品等)

【停電に備えて】
  懐中電灯・ローソク(倒れにくいもの)
【ガス停止に備えて】
  簡易ガスこんろ・固形燃料
【断水に備えて】
  飲料水(ポリ容器などに)
  ※1人1日3L目安

出典:東京消防庁

防災準備品

【火災に備えて】
  消火器・三角消火バケツ・風呂の水の汲み置きなど。
【避難・救出に備えて】
  おの・ハンマー・スコップ・大バール・防水シート・のこぎりなど。

出典:東京消防庁

身の安全の確保

地震では家具類の転倒や、高い場所にあるものの落下などにより、大きな被害を被ることがあります。

こういった被害を防ぐために、事前に転倒防止などの対策を取っておくことが重要です。

転倒・落下防止

・家具転倒防止金具などを利用し、家具類を固定する

・テレビ、パソコン、プリンターなど比較的大きな家電製品なども固定する

・窓ガラスや食器棚などガラスの飛散防止措置

・寝室や子供部屋に大きな家具は置かない

・高い場所に重いものや危ないものを置かない

・各部屋の出入口を塞がないよう家具類の設置位置や方向を工夫する

なお、棚類などは基本的に重心を低くしておくと転倒しにくくなりますが、住んでいる場所の状況により転倒のメカニズムは様々なようです。

家具の転倒を防ぐ方法などに関しては、消防庁が全7ページにわたり詳細を説明しています。もくじページはこちら(総務省消防庁

防災知識や家族の話し合い

地震を始めとした災害に対する知識を深めておきます。

新聞やテレビ、またインターネットなどでも防災に関する情報は至るところにあります。そのほか専門の書籍などを購入することで、体系的に深く学ぶことも出来ます。

家族など複数人で暮らしている方は、地震が発生した時の避難場所・避難経路の確認や、もし離れ離れになってしまった場合の安否確認方法、あるいは集合場所を決めるなどしておきます。

大きな災害が発生した際には、電話やメールが通じにくくなることがあります。東日本大震災でも、TwitterやFacebookなどのSNSが非常に役立ったとされています。

防災知識と話し合い

・日頃から防災に関するアンテナを張り知識をつけておく

・自宅周辺にある避難場所の確認

・自治体Webサイトなどから防災マップや災害予測図などを入手しておく

・TwitterやFacebookなどSNSアカウントを作っておく

防災知識に関するWebサイトは多数ありますが、千葉県の「防災まめ知識」が分かりやすくまとめられています。(防災まめ知識(啓発情報)

関連リンク

地震などの災害に関するお役立ち情報が掲載されているWebサイトのリンク集です。

関連リンク
災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~ | 首相官邸ホームページ
地震などの災害に備えて | 総務省消防庁
あらかじめ備えておくべきこと « 地震に備える « 自然災害お役立ち情報
災害時に命を守る一人一人の防災対策:政府広報オンライン
地震に備える!特集2011 – Yahoo! JAPAN
今すぐできる防災対策 – Yahoo!天気・災害
被災者が教えてくれた最低限備えておくべき物まとめ【震災・災害】 – NAVER まとめ
スポンサーリンク

4月12日未明に三重県で地鳴り…地震の予兆かと話題に

本日未明、Twitter上で「地鳴りがした」というツイートが、同時刻に相次いで投稿され大変な話題となっています。

東海大地震が発生すると予測されている当日に、東海地方である三重県で地鳴りが発生したということで、さらなる不安を呼び起こしたものと思われます。

ただ気象庁は、日付を指定した地震予測は不可能であるとしています。

地震の直前予知について

地震が発生する直前(長くても数日程度)に行われる予知は、地震の直前予知(あるいは短期予知)と呼ばれます。

現在の科学では、地震の直前予知は実用段階ではなく未だ研究段階にあると考えられています。この理由の一つに、大地震の発生頻度が少なく、地震の発生前に震源域とその近傍でどのような現象が起こっているかが十分に解明されていないことが挙げられます。

しかし、その中において、後述するような理由から、東海地震は、現在日本で唯一、直前予知の可能性がある地震と考えられています(ただし、東海地震でも日時を特定した予知は不可能です)。

「○月×日に大地震が起こる」という発生日時を特定したような話を耳にすることがありますが、それらは科学的な根拠がない、あるいは科学的な検証が十分になされてはいないもので、注意が必要です。

出典:気象庁|東海地震について | 東海地震の予知について

このことからも、本日4月12日に地震が発生する可能性は極めて低く、ましてや一部で広まっている4月12日午前10時38分の大地震発生説はまずあり得ないと考えられます。

しかし今回の噂を機に、改めて防災意識を高めるとともに、事前対策を行うなど、近い将来起こるかもしれない大地震に備えておきましょう。

スポンサーリンク

4月12日午前10時38分の東海大地震説に関するTwitter関連投稿

Twitter上では、本日4月12日の午前10時38分に地震が発生するというツイートが出回り、とてつもない勢いで拡散されています。

スポンサーリンク

この記事について

2015年4月12日

編集部


災害


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.