架線柱が倒れ山手線と京浜東北線が運転見合わせ 神田駅-秋葉原駅間

最終更新■

4月12日午前、架線を支える柱が傾いたことから、JR山手線京浜東北線が全線で運転を見合わせています。

発表によると4月12日早朝に、山手線の神田駅-秋葉原駅の間で、架線柱が傾いているのが見つかったということです。

これを受けて山手線では、午前6時10分ころから内回り・外回りともに運転を見合わせているほか、この影響を受けて京浜東北線でも運転を見合わせている状況です。

振替輸送を行っているとのことですが、現時点で架線柱の復旧や運転再開などに関する見込みは不明。

この架線柱が傾いたことによる山手線・京浜東北線の運転見合わせに関して、新たな情報が入り次第、随時更新していきます。

追記① – 京浜東北線の一部で運転再開

当初は「傾いている」とされていた架線柱ですが、完全に倒れてしまっていたとのこと。

これの影響により京浜東北線は全線で運転を見合わせていましたが、午前7時10分ころ、東十条駅-大宮駅間で運転を再開しました。

なお、東十条駅-蒲田駅間の上下線、および山手線の全線については未だ運転を見合わせているということです。架線柱の復旧には時間がかかる見込み。

追記② – 運転再開は15時ころの見込み

その後の発表によると、山手線の池袋駅-新宿駅-田町駅間の内回りと外回りに関しては、午前8時過ぎころに運転再開したということです。

しかし山手線の田町駅-東京駅-池袋駅間、および京浜東北線の東十条駅-蒲田駅間については、未だ運転を見合わせています。

JR東日本はこれについて「午後3時ころをメドに再開したい」としています。

追記③ – 山手線と京浜東北線の全線で運転再開

京浜東北線は午後3時半ころ、山手線は午後3時48分ころから、全線で運転が再開されました。

なお、倒れた架線柱は4月10日時点で傾斜が確認されていたということです。しかしすぐには対処が出来ないことから、明日4月13日夜に改修する計画だったとのこと。

JR東日本は、倒れた架線柱はレールに接触しており、電車が進入していれば衝突していた可能性もあったとしています。

スポンサーリンク

架線柱が倒れ山手線と京浜東北線が運転見合わせ…Twitterでの反応

山手線の神田駅-秋葉原駅間で架線柱が傾いた件に関して、Twitter上では現場の様子が写真画像付きで投稿されていました。写真からは、傾いているというよりも倒れてしまっているように見えます。(追記:やはり倒れていた模様)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

架線柱が倒れた現場付近(山手線の神田駅-秋葉原駅)場所の地図

スポンサーリンク

この記事について

2015年4月12日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. どんどん

    2015年4月12日 秋葉原駅と神田駅の間電柱が倒れる事故が発生 言葉が悪いかもしれないが 1か月後でなくてよかったか それは5月7日から15日その周辺神田の祭りで
    人の足が増え混雑するから 日曜日の事故とはいえ 走る電車に電柱があたらなくて
    よかった 利用される方々 復旧作業をされた方々お疲れ様でした 

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.