取手市東でボウガン傷害事件-矢が足に刺さり貫通 クロスボウ

最終更新■

茨城県取手市東で4月15日、男性が突然ボウガン(洋弓銃・クロスボウのようなもので撃たれ、足にケガを負う傷害事件が起きました。

発表によると4月15日午前1時50分ころ、取手市東2丁目の県道で自転車に乗り帰宅途中だった男性(47)が、何者かにボウガンのようなものでを放たれたということです。

矢は男性の右足ふくらはぎから足首にかけて刺さり、貫通するとともに約22cmほど飛び出している状態だったとのこと。当時、男性はJR取手駅から自宅に帰る途中でした。

男性によると、いきなり足に痛みを感じたため見てみたところ、矢が刺さっていたといいます。男性はそのまま通報することなく、矢が刺さったまま自転車に乗り自力で帰宅しました。

同日午前2時20分ころに「夫が右足を矢で撃たれた。今、病院に向かっている」と男性の妻から通報があり、事件が発覚。自家用車で病院に運ばれ手当てを受けたということです。

幸い男性の命に別状はなく、全治2週間ほどのケガだった模様。放たれた矢は、長さ約40cm・直径約8mmで、先端は鋭利な金属製のものになっていました。

警察に対して男性は「トラブルの心当たりはない。誰に撃たれたか分からない」などと話しており、無差別に狙われた通り魔的犯行の可能性も。使われた武器はクロスボウ用などとして市販されているものとみられています。

茨城県警取手署は何者かが意図的に人を狙って矢を放ったとみて、現場周辺に設置された防犯カメラの映像解析を行うなど、傷害事件として詳しく捜査を進めています。

事件現場は、取手駅から南東方向に約1kmほどの地点にある住宅街の一角。

(追記:犯人は逮捕された模様)

突然、右足に激痛 “クロスボウの矢”帰宅男性襲う

2015/4/15 11:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金
殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

取手市東でボウガンで矢が貫通の傷害事件…Twitterでの反応

帰宅中に突然ボウガンのようなもので放たれた矢が足に刺さるという衝撃的な事件に、Twitter上では心配の声が多く投稿されていました。

ボウガンによる傷害事件現場付近(取手市東)場所の地図

この記事について

2015年4月15日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 名無し

    取手市に住んでるから
    怖いな早く犯人捕まって欲しい

  2. sano

    茨城県取手市に住んでるので
    すごく怖いです…、
    早く犯人見つかってほしい…(;つД`)


  3. 趣味でアーチェリーとかクロスボウやってるけどそれで人撃つなんてあかんやろ。
    道具は人選べないからな・・・。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.