グーグルマップで皇居にオウム真理教や恒心教-警視庁にサティアンも

最終更新■

グーグルが提供する「グーグルマップ」で一時、皇居内にオウム真理教の架空の支部名が表示されるなど、悪質なイタズラが行われるトラブルが起きました。

被害が確認されたのは、4月20日の夕方。皇居内にある建物に「オウム真理教 皇居支部道場」「恒心教総本山」「オードリー春日トゥース」と表示されたほか、警視庁本部では「恒心教警視庁サティアン」と表示されるなど、多くの施設や歴史的建造物などで同様の被害が確認されました。

4月21日午前6時時点で、簡単に検索しただけでも、少なくとも下記のようなものが登録されていました。

被害が確認されたもの
施設・建物名 イタズラ表記
原爆ドーム 恒心教核実験場
彦根城 恒心教第三サティアン
姫路城 恒心教第四サティアン
大阪城 恒心教第五サティアン
松江城 恒心教第6サティアン
岐阜城 恒心教第7サティアン
熊本城 恒心教第8サティアン
金沢城 恒心教第九サティアン
出雲大社 恒心教 出雲極限修行サティアン
その他 その他多数

これらについてグーグルは、悪質なイタズラとみて、順次削除の対応を取っているということです。

スポンサーリンク

恒心教とは

恒心教とは架空の宗教団体で、インターネット上ではイタズラなどでたびたび用いられています。

恒心教(こうしんきょう)とは、唐澤貴洋を教祖とする宗教である。Wikipediaの記事「宗教一覧」の「非宗教、反宗教、メタ宗教」の節(項目)で掲載・削除の編集合戦が行われており、「冗談宗教」にも掲載されたが 無能管理者「Los688」によって削除された。

概要
唐澤貴洋を頂点とした宗教団体。唐澤貴洋を尊師と呼び、教祖、神として崇めるものたちを恒心教徒と呼ぶ。
すべての悪しき感情を教祖であり神である唐澤貴洋へぶつけることで、争いや諍いのない優しい世界の到来を祈念すると同時に、
唐澤貴洋による恒心を求め、日々各々の考える手段で礼拝を行うのが恒心教におけるすべての基本である。

出典:恒心教 – 唐澤貴洋Wiki

今回のグーグルマップを利用したイタズラでは、日本国内だけでなく海外も対象に行われていました。

フランスでは「恒心教フランス支部」、ベトナムでは「恒心教ベトナムサティアン」、北朝鮮では「恒心教平壌支部」などという名称で登録されています。

主にヨーロッパ~東南アジア周辺で大量の登録がされていますが、そのほか南アフリカやブラジルなどでも確認でき、全世界の何十箇所で同様の表記がみられます。

グーグルマップ機能を利用したイタズラは過去にも行われており、アメリカではホワイトハウスにスノーデン氏の名前が表示されたとして話題になりました。

スポンサーリンク

「Googleマップ」改ざんか 皇居敷地内の建物がでたらめな表示に

2015/4/20 20:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

グーグルマップで皇居を検索し、場所を調べると…

2015/4/20 19:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

皇居内や警視庁に「オウム施設」グーグルマップ上に表示

2015/4/21 05:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

スポンサーリンク

グーグルマップで皇居などにオウムや恒心教の表記…Twitterでの反応

スポンサーリンク

「オードリー春日トゥース」の地図

恒心教 核実験場

この記事について

2015年4月21日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    週刊ポスト2/25号
    驚愕スクープ!第1弾
    麻原側近幹部Xが初めて告白
    消えた「オウム金塊と現金7億円」これが全真相だ
    http://www.asyura2.com/sora/bd5/msg/462.html

    週刊ポスト3/3号
    麻原側近幹部Xが初告白!第2弾
    麻原が村井に命じた徳川・武田埋蔵金発掘マル秘計画
    http://www.asyura.com/sora/bd5/msg/524.html

    オウム真理教の無刻印金塊と金丸信
    ;強制捜査で教団の金庫から七億円の現金と共に十キロの金塊が見つかっている。その金塊は無刻印で金丸信事件と同質と思われている。出所は北朝鮮ではないかとの報道も流れた。実行部隊のトップ早川「建設大臣」は93年から頻繁に北朝鮮を訪れていた。
    「北朝鮮の中央銀行はロンドンのゴールドマーケットに認められた刻印をもっている。可能性はないかと言われれば分からないが、無刻印のままでは流通性がなくなる。いずれにせよ正規の流通ルート以外から手に入れたものだろう」(田中貴金属工業)
    「北朝鮮からと言うのは材料不足。話としては面白いが短絡的だ。しかし、市場流通性がない無刻印金塊を所持していたのが、ともに山梨に関係する金丸、オウムだったという点には、何らかの意味が有ろう。
    山梨、とくに甲府は宝飾産業のメッカなので、工業用として入ってきた可能性もある」(アジア国際通信、神保隆見氏)
    オウムは無刻印金塊を何処から手に入れ、何に使おうとしていたのか。
    【参考『月刊現代・1995年七月号』88頁「オウム事件13の謎」より抜粋】

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.