1日100万PVを超えることもあるニュース速報Japanで利用中の高負荷対応/高速サーバWordPress専用クラウドサーバー Sova WP

福岡県在住の男性がエボラ出血熱に感染の疑い-ギニア滞在 古賀市

最終更新■

【速報】
エボラ陰性。男性の検体からエボラウイルスは検出されず。

厚生労働省は5月18日、ギニアに滞在歴のある福岡県在住の男性が、発熱しエボラ出血熱に感染している疑いがあることを発表しました。

発表によると、エボラ熱感染の疑いがあるのは、福岡県に住む40代の男性。西アフリカのギニアに5月4日まで滞在し、5月9日に帰国していました。

その後、男性は5月17日夜に発熱や頭痛・背中の痛みなどの症状が確認され、5月18日午前3時ころに搬送先の医療機関で測ったところ、38.6度の発熱があったといいます。

男性は既に福岡県古賀市の医療機関に入院しています。

男性は仕事で約1ヶ月にわたりギニアに滞在していたということですが、現地でエボラ熱に感染している患者との接触はなかったとのこと。

厚生労働省は男性の検体を東京にある国立感染研究所に運び、念のためエボラ熱に感染していないかどうか検査を進める方針です。

日本国内でエボラ熱への感染が疑われるのは、今回で7例目。

追記 – 搬送先は福岡県古賀市、検査結果は夜に分かる見込み

その後の発表によると、男性が搬送されているのは福岡県古賀市千鳥にある国立病院機構福岡東医療センターだということです。

なお、インフルエンザとマラリアの検査は陰性だった模様です。

エボラ出血熱の検査結果については、5月18日夜には判明する見込みとのこと。

スポンサーリンク

福岡の男性がエボラ出血熱に感染の疑い…Twitterでの反応

福岡の男性が発熱し、エボラ出血熱に感染した疑いがあるとされている件で、Twitterでは心配の声が多く投稿されていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エボラ男性の搬送場所(福岡県古賀市千鳥)の地図

以下、エボラ出血熱に感染した疑いのある男性が搬送された福岡県古賀市千鳥「国立病院機構福岡東医療センター」の地図(Googleマップ)。

男性が滞在していた西アフリカ・ギニアの地図

以下、男性が滞在していた西アフリカ・ギニアの地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2015年5月18日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.