東京駅で傘を左目に突き刺す傷害事件-同僚男性意識不明 SE福西恭志

最終更新■

東京都千代田区のJR東京駅八重洲南口付近で6月26日深夜、男性が同僚にで目を刺される傷害事件が起きました。

この事件で警視庁は、東京都足立区千住元町に住むシステムエンジニア・福西恭志容疑者(54)を傷害容疑で逮捕したということです。(殺人未遂容疑で逮捕したとの情報もあり)

発表によると福西恭志容疑者は6月26日午後11時45分ころ、JR東京駅の八重洲南口前の路上で、同じくシステムエンジニアとして働く同僚男性(55)ともみ合いになり、持っていたビニール傘を突き刺した疑いが持たれています。

傘の先端は男性の左目に入り、脳にまで達したとのこと。男性は病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。

2人は別の同僚も合わせて一緒に酒を飲み、その後帰宅する途中だったということですが、その道中で口論になった模様。

警察での取り調べに対して福西恭志容疑者は「仕事の話で口論になった。傘で叩いた」などと供述し、容疑を認めています。

警視庁丸の内署は、事件に至った経緯や当時の状況などについて、さらに詳しく捜査を進めています。

関連する犯罪の法定刑

傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金
殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

口論となりもみ合った際に左目に傘刺さる 男性が意識不明の重体

2015/6/27 13:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

傘が目に刺さり・・・意識不明 同僚と酒飲み、口論の末

2015/6/27 13:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

口論になり傘で同僚殴る、目に刺さり重体

2015/6/27 14:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

東京駅でSEが傘で同僚突き刺す傷害事件…Twitterでの反応

東京駅の八重洲口付近でSEが同僚男性を傘で突き刺した傷害事件について、あまりにも凶暴な事件ということで、Twitter上でも衝撃の声が広がっていました。

傷害事件現場付近(東京駅・八重洲南口)場所の地図

以下、傘突き刺し傷害事件が起きた現場付近・東京駅八重洲南口の地図(Googleマップ)。

この記事について

2015年6月27日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.