大阪市北区芝田プリウス暴走事故-ヨドバシ梅田や新阪急ホテル交差点

最終更新■

ヨドバシ梅田の前の事故現場画像大阪・梅田の繁華街で2月25日、車が暴走し歩道に乗り上げ、通行人らを次々とはねる事故が起きました。10人以上がはねられ死傷者多数。

発表によると2月25日午後0時35分ころ、大阪市北区芝田の国道176号「芝田1丁目交差点」で、直進中だったプリウスが猛スピードで歩道に突っ込んだということです。

通行人らから「車が歩道に突っ込んだ」「人が血を出して倒れている」と110番通報などが相次いだことで事故が発覚。

これを受けて救急隊や警察官らが現場に駆けつけたところ、大勢の負傷者がいました。

車は10人以上をはねたとみられ、うち20代とみられる女性1人と50代とみられる男性1人の計2人が心肺停止の重体、ほか8人前後が重軽傷を負った模様。また車を運転していた50代くらいの男性も心肺停止の状態だということです。

はねられた歩行者らはいずれも病院へ搬送され、現在手当てを受けています。

歩道に突っ込んだ車はスピードを緩めることなく歩道に向かって走っていったということで、最終的に数十m先にある「新阪急ホテル」の敷地内に突っ込んで停止しました。

男性は1人で車に乗っていたとみられていますが、男性自身も心肺停止になっていることから、現時点で事故が起きた詳しい原因についてはわかっていません。

大阪府警曽根崎署は現場検証を進めるなど、当時の状況や事故が起きた原因などについて詳しく捜査を進めています。

追記 – 1人が死亡、若い女性と運転手は未だ心肺停止

その後の発表によると、心肺停止になっていた50代くらいとみられる男性の死亡が確認されたということです。

20代女性および車を運転していた男性の2人は未だ心肺停止・意識不明の重体。その他の負傷者は8人の模様。

事故を起こしたのは奈良ナンバーで黒色のトヨタ「プリウス」ですが、今のところ運転手の詳しい住所や年齢などは発表されていません。

目撃者の証言などによると、信号は歩行者側が青だったということです。

現場は、JR大阪駅や阪急梅田駅からほど近い繁華街で、目の前にはヨドバシカメラ梅田店や新阪急ホテルなど多くの商業ビルが立ち並ぶ地域。大阪・キタの中心地で人通りが多く、大勢の通行人が被害を受けました。

現在、現場には大量の捜査車両が駆けつけているほか、広い範囲で規制線がひかれ、大勢の報道陣や通行人が集まるなど騒然としています。

【再追記】
心肺停止となった男性運転手の死亡も確認された模様。現時点死亡が確認されているのは歩行者と運転手の男性(いずれも50代)。歩行者の20代女性は未だ心肺停止の重体です。

梅田「芝田1丁目交差点」事故現場の写真画像

以下、毎日新聞が撮影した事故現場の画像。

突っ込んだプリウスの画像

搬送される負傷者の写真

事故現場「芝田1丁目交差点」の写真

プリウスに突っ込まれケガを負った女性の画像

心肺停止の負傷者が運ばれる写真

出典:交通事故:車が歩道に突っ込む、10人負傷 大阪駅近く – 毎日新聞

大阪・梅田で車が歩道に乗り上げ3人心肺停止

2016/2/25 15:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑
過失運転致死傷罪…7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

大阪市北区芝田、ヨドバシ梅田前で事故…Twitterでの反応

大阪市北区芝田にあるヨドバシ梅田の前でプリウスが歩道に突っ込んだ大事故について、Twitter上では現場の様子が写真画像付きで大量に投稿されていました。物々しい様子が見てとれます。

プリウス事故現場(大阪・キタの繁華街)場所の地図

以下、プリウスが歩道に突っ込んだ事故現場・大阪府大阪市北区芝田1丁目の「芝田1丁目交差点」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年2月25日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 七尾

    これ、運転手がTwitterしててよそ見運転してたのが事故原因らしいですよ?

  2. ゆすら梅

    ニュースの最初の映像では、トヨタのエンブレムがフロントに付いていましたよね? 運び出されるときの映像には、エンブレムが無くなってましたけど? なぜ?

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.