1日100万PVを超えることもあるニュース速報Japanで利用中の高負荷対応/高速サーバWordPress専用クラウドサーバー Sova WP
ミュゼ

ザハ・ハディド氏が死亡、入院中のマイアミの病院で心臓発作 建築家

最終更新■

新国立競技場の当初案をデザインしていた建築家ザハ・ハディド氏が死亡。米BBCなどが伝えました。

発表によるとザハ・ハディド氏は3月31日、気管支炎のため入院していたマイアミの病院で、心臓発作により死亡したということです。65歳でした。

ザハ・ハディド氏はイラクのバグダッド生まれで、現在はイギリスのロンドンで建築事務所を運営していました。

デザインが奇抜なことで有名で、コンテストに優勝することもたびたびありましたが、奇抜すぎることから実際には建築されなかったケースもありました。

また日本では、2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックで使用される新国立競技場のデザインを当初手がけていましたが、建築費が莫大になるという理由から、日本政府が白紙撤回としていました。

ザハ・ハディド氏の顔写真の画像

以下、BBCニュースの記事(Architect Dame Zaha Hadid dies after heart attack – BBC News)をGoogle翻訳を利用して翻訳した結果。

そのデザインロンドンオリンピックアクアティックセンターを含むアーキテクトルダムザハ・ハディドは、65歳死亡しました。

イラク生まれ、今年彼女は彼女の仕事の認識で英国の建築家ゴールドメダル王立協会を受けた最初の女性でした。
彼女は気管支炎の治療を受けていたマイアミの病院で木曜日に心臓発作以下に死亡しました。
彼女のデザインは、香港、ドイツ、アゼルバイジャンを含む、世界中で委託されています。
2月の彼女の金メダルを収集し、ノートルダムザハは彼女が彼女自身の権利に勝つために最初の女性であったことを誇りに思っていたと述べました。
「我々は今より確立された女性建築家のすべての時間を参照してください “と彼女は言いました。
「それはそれは簡単だという意味ではありません。時には課題は計り知れない。そこ近年非常に大きな変化となっており、我々はこの進展を継続していきます。」
ノートルダムザハの他の作品は、ロンドンのサーペンタインサックラー・ギャラリー、交通のグラスゴーの博物館でリバーサイド美術館、中国の広州オペラハウスもあります。
バグダッドで生まれ、彼女はロンドンの建築協会で彼女のキャリアに着手する前にベイルート大学で数学を学びます。
ザハ・ハディド・アーキテクツ – 1979年に彼女は彼女自身の会社を設立しました。
構築する彼女の最初の主要な委員会は、ドイツのヴェイルアムラインにヴィトラ消防署でした。

ザハ・ハディド氏が心臓発作で死亡…Twitterでの反応

イギリスの建築家ザハ・ハディド氏が死亡したことについて、新国立競技場の当初案をデザインしていたことなどもあり、Twitter上では大変な話題となっていました。

亡くなった病院付近(マイアミ)場所の地図

以下、ザハハディド氏が気管支炎のため入院していた病院のある地域・アメリカ合衆国「マイアミ」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年4月1日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. こま?

    誰かに殺害された殺人事件とかではなくて?病院で心臓発作なんてあり得んだろー。死因の詳細を求む

    • 匿名

      死因は心臓発作だと書いてあるでしょうが

  2. ついに

    消されたかぁ>_<


  3. なんでアメリカ?

  4. 匿名

    なんで3月に死んでるのにエイプリールフールとかわめいてるの?
    3/31日に流れたニュースじゃん。ツイしか見てないんかw

  5. 匿名

    ザハ・ハディド氏のデザインは森喜朗(シンキロウ)だったのか?

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.