加東市長貞で殺人事件、夫が認知症の妻を殺害 82歳の男と79歳の妻

最終更新■

兵庫県加東市長貞の住宅で、妻の首を絞めて殺害した疑いがあるとして、夫が殺人の疑いで逮捕されました。

発表によると4月5日午後4時前ころ、加東市長貞に住む男(82)から「妻を殺してしまった」と兵庫県警加東署に110番通報があったということです。

その通報を受けた加東署員が男の自宅に駆けつけたところ、寝室のベッドの上で女性が心肺停止の状態で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されたとのことです。

この事件で死亡したのは、男の妻・八尾正乃さん(79)です。八尾正乃=やお まさの

遺体が見つかったベッドの上には、凶器に使われたとみられる電気コードのようなものが見つかりました。

警察での取り調べに対して男は「認知症の妻の介護に疲れ、首を絞めて殺した」などと供述し、容疑を認めています。

加東署は、正乃さんが認知症を患っており、男は「介護が大変だった」と供述していることから、男が正乃さんの首を絞めて殺害したとみて取り調べ、容疑が固まりしだい殺人容疑で逮捕する方針です。

容疑者の男の家庭状況や事件に至った経緯などについて

男は正乃さんと長男の3人暮らしですが、事件当時、長男は不在だったということです。

正乃さんは病院に入院していましたが、先月退院してからは男が介護を行っており、事件が起きた4月5日は午後2時ごろまでヘルパーが来て介護をしていたとのこと。

近隣に住む60代男性は「奥さんは施設に出たり入ったりを繰り返していた。ご主人の負担は大きかったと思う」などと話しています。

事件現場は中国自動車道ひょうご東条インターから北方向に向かって約2kmほどの地点で、住宅が点在する田園地帯です。

追記 – 八尾嘉明容疑者を逮捕

加東署は4月6日午前、夫の八尾嘉明容疑者(82)を殺人容疑で逮捕しました。

正乃さんは認知症で介護が必要な状況でしたが、同居していた50歳の長男も病気がちだったことから、八尾嘉明容疑者はヘルパーの支援を得ながらもほぼ1人で介護を行っていたとみられています。

介護疲れか…認知症の79歳妻を82歳夫が”絞殺”

2016/4/6 13:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

夫が「介護が大変だった」と認知症の妻を殺害する殺人事件…Twitterでの反応

夫が介護疲れで、認知症の妻の首を電気コードのようなもので絞めて殺害した殺人事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

殺人事件現場付近(兵庫県加東市長貞)場所の地図

以下、認知症の妻を夫が殺害した殺人事件現場付近・兵庫県加東市長貞の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年4月6日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.