東急大井町線荏原町駅で女子中学生2人が自殺 手繋ぎ電車と衝突死亡事故

最終更新■

東京都品川区中延の東急大井町線荏原町駅で5月9日、女子中学生2人が電車にはねられて死亡する事故が起きました。自殺とみられています。

発表によると5月9日午後7時20分ころ、品川区中延5丁目の東急大井町線荏原町駅で、いずれも品川区に住む中学2年生の女子中学生2人(13)が大井町駅行きの急行電車にはねられ死亡する事故が起きたということです。

警視庁荏原署によると、女子中学生2人が手を繋いで一緒に線路に飛び込む様子を電車の運転士が目撃しており、自殺を図った可能性が高いということです。

この事故で亡くなったのは、ともに品川区に住む女子中学生で、都内の中学校に通う同級生でした。2人は演劇部に所属する親友だったといいます。事故当日はいつも通り登校しており、学校からの帰りだったとみられています。

事故現場には2人のバッグが残されており、それぞれのバッグから遺書と見られる手書きのメモが見つかりました。メモには「死にたい」など、人間関係の悩みなどが書かれていたということです。

なお、自殺した女子中学生は電車通学ではなかったということで、自殺するために現場の駅を訪れたものとみられます。

亡くなった女子中学生1人の母親(42)によると、2人は将来同じ高校に通おうと話し合っていたほどの親友だったということです。女子中学生はGW(ゴールデンウィーク)も家族で過ごしており、昨日は家族みんなでボウリングをして楽しんでいた模様。

荏原署は自殺の可能性が高いとみて、2人がいじめを受けていた可能性も視野にいれ、駅構内に設置された防犯カメラの映像解析を行うとともに、詳しい経緯を調べていく方針です。

メモに「死にたい」 電車にはねられ女子2人が死亡

2016/5/10 12:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

東急大井町線荏原町駅で女子中学生2人が自殺?電車と衝突し死亡事故…Twitterでの反応

品川区の東急大井町線荏原町駅で、女子中学生2人が遺書のようなメモを残して、一緒に線路に飛び込み死亡した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

事故現場(東京都品川区中延)場所の地図

以下、女子中学生2人が遺書を残して線路に飛び込んだ事故現場・東京都品川区中延5−2−1「荏原町駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年5月10日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.