新宿区歌舞伎町のキャバクラ店で監禁事件-飲食代24万請求 ぼったくり

最終更新■

東京都新宿区歌舞伎町のキャバクラ店で、店長らが客に高額な料金を請求し店内に監禁したとして、警視庁保安課は5月13日までに、店長と従業員2人の計3人の男を逮捕しました。

監禁の疑いで逮捕されたのは、杉並区天沼に住む新宿区歌舞伎町の「CLUB DIANA」店長・篠塚康幸容疑者(46)、従業員・秋本政之容疑者(37)、豊島区目白に住む従業員・奥村義彦容疑者(37)の計3人です。

篠塚康幸=しのづか やすゆき
秋本政之=あきもと まさゆき
奥村義彦=おくむら よしひこ

発表によると篠塚康幸容疑者らは2月29日夜ころ、客としてキャバクラ店「CLUB DIANA」を訪れた男子大学生(19)2人が高額な飲食代金を払えなかったため、逃げ出そうとした腕をつかんだり首を締め付けたりして約40分間にわたり店内に監禁した疑いが持たれています。

大学生らは2016年2月ころ、客引きに「1時間3000円」と言われて店を訪れ、約1時間滞在しジュースを飲んだだけで、飲食代金約24万円を請求されたということです。そして、篠塚康幸容疑者に「1時間20分以内に金を用意しろ。それまでもう1人は帰さない」などと脅された模様。

警視庁によりますと、篠塚康幸容疑者らは歌舞伎町でぼったくりのトラブルが最も多かったキャバクラ店の元従業員で、2015年5月ころに摘発されていましたが、新たに立ち上げたキャバクラ店で再びぼったくりを繰り返していたということです。

警察での取り調べに対して篠塚康幸容疑者は「事件当時のことは話したくない」などと供述しており、容疑を否認しています。

警視庁は監禁事件として、篠塚康幸容疑者らから事情を聴くとともに、事件に至った経緯や犯行動機などについても詳しく捜査を進めていく方針です。

このキャバクラ店を巡っては、2015年7月から2016年3月までに計106件の料金トラブルの相談が寄せられていました。

「ジュース1杯で20万円」歌舞伎町で客を“監禁”

2016/5/13 18:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

監禁罪…3月以上7年以下の懲役
詐欺罪…10年以下の懲役
恐喝罪…10年以下の懲役

歌舞伎町のキャバクラ店でぼったくり、ジュースを飲み約24万円請求し店内に監禁…Twitterでの反応

新宿区歌舞伎町のキャバクラ店で、店長らがジュースを飲んだだけの大学生2人に約24万円を請求し店内に監禁した事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

監禁事件現場付近(東京都新宿区歌舞伎町)場所の地図

以下、高額請求をし客を店内に監禁した事件現場付近・東京都新宿区歌舞伎町の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年5月13日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.