1日100万PVを超えることもあるニュース速報Japanで利用中の高負荷対応/高速サーバWordPress専用クラウドサーバー Sova WP
ミュゼ

JR東日本の東京駅で成田エクスプレスで車掌が居眠り-ドア約30秒開かず

最終更新■

JR東日本は5月15日、東京駅で特急「成田エクスプレス16号」の男性車掌居眠りをし、ドアを開けるのが約30秒遅れたこと発表しました。

発表によると5月14日午後0時15分ころ、東京駅に成田空港発池袋・大船行きの成田エクスプレス16号が到着しましたが、男性車掌が居眠りをしていて約30秒間ドアが開かなかったということです。

男性車掌は、約20分間居眠りをしていた可能性があり、東京駅で交代予定だった車掌が居眠りしていることに気づき、男性車掌に声をかけてドアを開けさせたということです。成田エクスプレス16号には約200人が乗っていましたが、その後運行に遅れはありませんでした。

JR東日本千葉支社によると、男性車掌は「千葉駅を通過したことは記憶にある」などと話しているということです。また、男性車掌は「体調が良くなかった。声を掛けられるまで記憶がなかった」とも話している模様。

JR東日本広報部は「お客様に不信感や不安感を与えたことを深く反省し、信頼回復に向け、さらに指導を徹底していく」と話しました。

JR東日本では、山手線や中央線でも車掌の居眠りや、スマートフォンを操作したりするなどの問題が相次いでいるとして、乗客に指摘され定例記者会見で謝罪したばかりでした。

相次ぐJR乗務員居眠り 成田EXPでドア開け遅れる

2016/5/15 12:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

東京駅で成田エクスプレス16号の車掌居眠り、ドア約30秒開かず…Twitterでの反応

東京駅に成田空港発池袋・大船行きの成田エクスプレス16号が到着しましたが、男性車掌が居眠りをしていて約30秒間ドアが開かなかったことについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

居眠り運転のあった東京駅(東京都千代田区丸の内)場所の地図

以下、車掌が居眠りし約30秒間ドアが開かなかった現場・東京都千代田区丸の内1 丁目、呑んき1丸の内北口店、9「東京駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年5月15日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.