赤ちゃんに暴行し重症負わせる 20代両親逮捕 日常的に虐待か

最終更新■

埼玉県さいたま市桜区山久保の自宅マンションで、生後約1ヵ月の赤ちゃん暴行を加え重傷を負わせたとして、埼玉県警浦和西署は6月11日、夫婦を傷害の疑いで逮捕しました。日常的に虐待していた可能性も。

傷害の疑いで逮捕されたのは、さいたま市桜区山久保に住む母親で無職・小川幸容疑者(29)と、父親で四谷税務署の職員・小川友樹容疑者(25)です。

小川幸=おがわ さち
小川友樹=おがわ ゆうき

発表によりますと夫婦2人は6月上旬、さいたま市桜区山久保の自宅マンションで生後約1ヵ月の乳児に暴行を加え、頭部に全治2ヵ月の脳挫傷を負わせた疑いが持たれています。

浦和西署によりますと、夫婦2人は6月7日に「子どもの体調が悪い」などと言い、県内の病院に乳児を連れて来ましたが、転院先の病院が6月10日、ケガの状態を不審に思い「赤ちゃんが虐待されている可能性がある」などと警察に110通報し、事件が発覚したということです。

警察での取り調べに対して2人は「虐待した覚えがない」などと供述し、容疑を否認しています。

この事件に対してインターネット上では「理解できない」「虐待するなら作るな」「逆の立場になってみろ」「親として最低」などという怒りの声が多数見られました。

浦和西署は傷害の疑いとして、2人から事情を聴くとともに、日常的に虐待していた可能性があるとして捜査を進める方針です。

この夫婦は4人暮らしで、長男(1)は10日に児童相談所が保護した模様。

20代両親「覚えていない」生後1カ月の次男に暴行か

2016/6/11 19:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金

さいたま市桜区久保で両親が赤ちゃん虐待、頭に全治2ヵ月の重症負う…Twitterでの反応

さいたま市桜区久保の自宅マンションで、夫婦が生後1ヵ月の乳児に暴行を加え、頭に重傷を負わせた傷害事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

傷害事件現場付近(埼玉県さいたま市桜区山久保)場所の地図

以下、生後1ヵ月の赤ちゃんを虐待し、頭に重症を負わせた傷害事件現場付近・さいたま市桜区山久保の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年6月11日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.