恋人とキス直後に女性死亡 コミュニケーション不足が招いた悲劇

最終更新■

女性が恋人とキスをして、その直後女性が死亡していたことがわかりました。

発表によりますと2012年10月ころ、アメリカ国籍だったミリアム・デュクレ=レマイさん(20)は、重度のピーナッツアレルギーを患っており、ピーナッツバター・サンドイッチを食べたばかりの恋人とキスした直後に息を引き取ったということです。

恋人は、ミリアム・デュクレ=レマイさんが重度のピーナッツアレルギーを患っているとは知らなかったということから、お互いのコミュニケーション不足が招いてしまった悲劇の事故です。

日頃からミリアム・デュクレ=レマイさんは、誤ってピーナッツを含んだ食品を食べてアナフィラキシーショックを起こしてしまった時のために、そのショックを緩和させる緊急補助治療剤のエピペンを携帯していたということです。

しかし、その日は恋人とパーティーに出かけていということもあり、エピペンを持参していませんでした。

ミリアム・デュクレ=レマイさんは、恋人とキスの後に呼吸困難に陥り、119番通報で駆け付けた救急車で病院に救急搬送されましたが、心肺機能停止になったことで起こった脳無酸素症のため亡くなったということです。

ミリアム・デュクレ=レマイさんの母親ミシェリンさんはメディアの取材に対して「同じような悲劇を二度と起こさないように防ぎたい」などとアレルギーの危険性を訴えました。

ピーナッツに限らず色々な食品アレルギーを持つ相手にキスする場合は、その食品を食べてから時間を置いたり、歯をしっかり磨けばアレルギーの危険性を緩和できるということです。

しかし、最も大事なことは恋人同士できちんとコミュニケーションを取り、アレルギー食品を食べた後には、キスをしないようにするのが最善ではないでしょうか。

この事故からコミュニケーションがどれだけ大事なことなのかがわかります。ちょっとしたコミュニケーション不足で人生を左右することもあります。その時、後悔しないように今目の前にいる大切な人に、今しか言えないことなど、色々なコミュニケーションを取ってみてはどうでしょうか。

女性が恋人とキス、その直後女性が死亡した事故について…Twitterでの反応

女性は、重度のピーナッツアレルギーを患っており、ピーナッツバターを食べたばかりの恋人とキスした直後に死亡した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

この記事について

2016年6月18日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.