スーパーに10匹以上ゴキブリ放つバイオテロ事件 永瀬俊子 神戸市垂水区

最終更新■

兵庫県神戸市垂水区のスーパーで大量のゴキブリをばらまいたとして、兵庫県警垂水署は7月5日、50代の女を逮捕しました。

威力業務妨害の疑いで逮捕されたのは、神戸市西区学園西町に住む神戸市立西脇小学校事務員・永瀬俊子容疑者(56)です。永瀬俊子=ながせ としこ

発表によると永瀬俊子容疑者は6月26日午後11時20分ころ、神戸市垂水区にあるスーパーの鮮魚コーナー付近で、10匹以上ものゴキブリをばらまいて衛生状態を悪化させ業務を妨害した疑いが持たれています。

永瀬俊子容疑者はゴキブリを袋に入れて持参してきたといい、鮮魚コーナーの近くの床に撒き散らした後、そのまま袋ごと置いて現場から立ち去ったということです。

現場に設置された防犯カメラの映像解析から、永瀬俊子容疑者の関与が浮上。そして7月4日、再び現場のスーパーを訪れたことから、店員が警察に通報し逮捕されました。

猫のエサに群がったゴキブリを確保「殺すのがしのびなかった」

警察での取り調べに対して永瀬俊子容疑者は「自宅の猫のエサに群がっていたゴキブリを捕まえた」「生かしてあげるために、食べ物がたくさんあるスーパーに放した」「殺すのがしのびなかった。店の業務を妨害するつもりではなかった」などと供述しています。

事件当時は閉店間際で客の数は少なかったということですが、巡回していた店員が床を歩く複数匹のゴキブリを目撃しており、現場は凄惨な状況だったものとみられます。

これを受けて現場のスーパーでは店員が総出でゴキブリの捕獲にあたるとともに、翌日の営業後には駆除業者に依頼しゴキブリを駆除するなどしたということです。

垂水署は事件に至った経緯や犯行動機などについて、さらに詳しく調べを進めています。永瀬俊子容疑者は自宅で猫を10匹飼っていました。

関連する犯罪の法定刑
威力業務妨害罪…3年以下の懲役または50万円以下の罰金

スポンサーリンク

神戸市垂水区のスーパーでゴキブリ放った永瀬俊子容疑者を逮捕…Twitterでの反応

神戸市垂水区にあるスーパーの鮮魚コーナーで10数匹ものゴキブリを放ったとして、小学校の事務員・永瀬俊子容疑者が逮捕されたニュースについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイオテロ現場付近(兵庫県神戸市垂水区)場所の地図

以下、永瀬俊子容疑者がゴキブリをばらまいたバイオテロ事件現場付近・兵庫県神戸市垂水区の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2016年7月5日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 神戸っ子

    ごきぶりは反則でしょうw
    私が店員だったらクビになったとしても捕獲は断固拒否しますw

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.