1日100万PVを超えることもあるニュース速報Japanで利用中の高負荷対応/高速サーバWordPress専用クラウドサーバー Sova WP
ミュゼ

大津市の連続不審火事件 小6男児を補導 「炎色反応が見たくて燃やした」

最終更新■

滋賀県大津市で相次いだ連続不審火で、バイクのカバーなどに火を付けて燃やしたとして、滋賀県警大津署は7月4日までに、器物損壊の非行内容で小学生の男児を児童相談所に通告しました。

器物損壊の非行内容で児童相談所に通告されたのは、大津市内の小学生の男児(11)です。

発表によりますと男児は6月10日から14日までに、大津市の駐車場の芝生やバイクのカバーなど、4カ所を放火した疑いが持たれています。

大津署によりますと、6月14日に防鳥ネットを燃やされた直後、現場付近にいた男児に署員が事情を聴いたところ、ライターで火をつけたことを認めたため補導したということです。男児は、塾の帰り道に拾ったライターで火をつけていた模様。

警察での取り調べに対して男児は「塾の校外学習で炎色反応を勉強してから、色々な種類のものを燃やしてみたかった」などと供述し、火をつけたことを認めています。他にも4カ所に火を付けて燃やしたと話しましたが、被害は確認されませんでした。

自治会長の男性(67)は取材に対して「のんびりした町だったのに、連続不審火が起こってからは緊張感が漂っていた」などと話しました。

また、男児を知る近所の女性は「やんちゃな子という印象はなく、まじめそうな子という印象だった」などと話しました。

大津署は器物損壊の非行内容として、男児から事情を聴き、捜査を進める方針です。

「炎に興味もち・・・」11歳男児を児童相談所に送致

2016/7/05 18:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

器物損壊罪…3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料
建造物等以外放火罪…1年以上10年以下の懲役 ※自己の所有物の場合、1年以下の懲役または10万円以下の罰金

大津市の連続不審火事件、火をつけた小6男児を補導…Twitterでの反応

大津市のバイクのカバーなどが燃やされる連続不審火で、小学6年生の男児が炎色反応を見るために火をつけていたことについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

連続不審火事件現場付近(滋賀県大津市)場所の地図

以下、小学生の男児が炎色反応を見るためにライターでバイクのカバーなどに火をつけていた放火事件現場付近・滋賀県大津市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年7月5日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.